2013年02月28日

PopcornHour A-400

エンティスは、
ネットワークメディアプレーヤーキット
「PopcornHour(ポップコーンアワー)」シリーズの新モデルとして「A-400」を発表。

PopcornHour A-400.jpg

同社直販サイト「Entis Online Store(エンティスオンラインストア)」にて、
2月27日より販売を開始した。

PopcornHour A-400_ura.jpg

HDMI端子を搭載しており、
大画面テレビなどに接続して
フルハイビジョン映像やパソコンなどに保存した
デジタルコンテンツを、再生することができる、
ネットワーク対応のメディアプレーヤーキット。
SigmaDesigns製の最新メディアプロセッサー「SMP8911」を採用。
「SMP8911」は、シリーズ初のデュアルコアとなっており、
コントラストやインターレースの補完など画像の補正処理を行う
VXPビデオプロセッサーも搭載している。

また、ユーザーインターフェイスには
「Networked Media Jukebox」を採用。
音楽を再生しながら静止画を検索して再生したり、
Webサービスを利用したりするようなマルチタスクを実現。
保存しているコンテンツファイルのメタデータを
自動的にインターネット上のデータベースから取得し、
関連する情報やサムネイル画像を多用した
多機能なユーザーインターフェイスで、
より快適な操作性となっている。

さらに、iOSとAndroidのタブレット端末に対応した
専用アプリ「Networked Media Jukebox (NMJ) Navigator」を
無料で提供しており、
同じネットワークの中から本機に保存している
デジタルコンテンツを、タッチ操作で探し出したり、
タブレットリモコンとして検索しながら操作したりすることが可能だ。

アルミ製の筐体は、
高品質なケースで評価の高い
シルバーストーン社との共同企画から開発されており、
筐体全体での高い放熱性能によってファンレスを実現。
静音性の向上とともに、安定動作を計っている。

再生可能なフォーマットは、
動画がH.264、MPEG1/2/4、WMV9、VC-1、XViD、
音声がAAC、MP3、WMA、FLAC、Vorbis、Dolby Digitalなどに対応。
これらを格納するコンテナフォーマットとして、
HDコンテンツに多く採用されているmkv形式、
放送コンテンツなどで採用されているts形式、
DVDやブルーレイなどディスクメディアで採用されているISO形式、
3D対応テレビと接続することで3D映像を再生できる3D Blu-ray、
3D MKV形式など多くのファイルフォーマット形式に対応している。

PopcornHour A-400_bay.jpg

さらに、本体側面の着脱式ドライブベイに
SATAに対応した2.5/3.5インチHDDを搭載することが可能だ。
パソコンとの接続はネットワーク経由に加え、
USB 3.0にも対応する。eSATAとUSBホスト機能も搭載。
SDカードリーダーを装備する。
アプリケーション配信プラットフォームとして「Apps Market」を搭載しており、
YouTubeを始めとした最新のメディアサービスを楽しめる。

このほか、インターフェイスとして、
HDMI 1.3a×1、コンポーネント×1、コンポジット×1、
アナログ音声×2(ステレオ)、
S/PDIFデジタル音声出力(光+同軸)などを装備。
ネットワークはギガビットLAN。
本体サイズ185(幅)×158(高さ)×56(奥行)mm、
重量は重量約1.3kg。
同梱品としてリモコンが付属する。

直売価格は27,800円。

PopcornHour A-300.jpg

また、Blu-ray Discの再生も可能な
PopcornHour C-200の後継モデルとして
CPUをアップグレードし、
前面パネルに搭載した液晶画面をカラー化した
PopcornHour C-300も発売致します。
発売開始は3月中旬予定。直販価格は39,800円(税込)です。
なお、PopcornHour C-300専用オプションである
BDドライブをセットにしたお得なキャンペーンも実施いたします。
ラベル:PopcornHour A-400
posted by hekky at 22:52| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他AV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月22日

Nikon AF-S DX VR Zoom Nikkor ED55-200/4-5.6G ニコンDXフォーマット専用

まーた キタムラ中古みてて買ってしまったよ(´Д` )
でも、もうこれであとは十分かな
当分(笑)



image-20130222032444.png




300mm以上の望遠は
600mmのFZ150や

1000mmの P510があるので
お手軽に楽しむなら
申し分ないか

サイズと重さと金額で
気軽にはいかないもんねーヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

しかし、こんなにデジイチ楽しいとは思わなかった

もっと早く手を出してれば良かったかも。

ま、上を見たらキリがないから
この辺で(苦笑)


◆クラスではトップクラスの小型軽量化を実現
◆シャッタースピード約3段分のブレ軽減効果を発揮する、
手ブレ補正(VR)機構を搭載
◆55-200mmという望遠効果の高い
焦点距離範囲をカバー(35mm判換算では約82.5-300mm相当)
◆小型超音波モーター
(サイレント・ウエーブ・モーター:SWM)の採用により、
静粛性に優れたオートフォーカス動作
◆ニコンデジタル一眼レフカメラの性能を
最大限に発揮させる光学設計
◆7枚羽根円形絞りの採用で、自然なボケ味を実現 / 
■仕様
・焦点距離:55-200mm (35mm 判換算 : 約82.5-300mm 相当)
・最大絞り:F4-5.6
・最小絞り:F22-32
・レンズ構成:11群15枚(EDレンズ1枚)
・絞り羽根枚数:7枚円形絞り
・画角:28°50′-8°
・焦点距離目盛:55、70、85、105、135、200mm
・最短撮影距離:1.1m (ズーム全域)
・最大撮影倍率:1/4.4倍
・ズーミングの作動方式:回転式
・マクロ機能:なし
・M / Aモード:なし
・A-M切り替えスイッチ:あり
・フォーカスロックボタン:なし
・最大径 x 長さ(約):73 x 99.5mm
・質量(約):335g
・キャップ:スプリング式
・フード:HB-37(付属)
・ケース:ソフトケースCL-0918(付属)
・三脚座:なし
・前側外部フィルター取り付け枠の回転:なし
・前面外付けフィルターサイズ:52mm
・円偏光フィルターII適否:使用可能(専用フードHB-37付でも使用可能)
・付属品:52mmスプリング式レンズキャップLC-52、
裏ぶたLF-1、バヨネットフードHB-37
ソフトケースCL-0918





posted by hekky at 03:28| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Nikon D40 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月11日

D40 いいなぁ♪

いろいろ撮っていると
ほんと いい やっぱデジイチ(笑)
FZ150買わなくてもよかったかも・・・あせあせ(飛び散る汗)

フィルターやら色々買ったのにバッド(下向き矢印)

ま、HDムービー撮れるし ディーガで編集できるし
そっちで使おう

P510は望遠で。

普段使いはD40で決まりかグッド(上向き矢印)

で、早速 単焦点レンズも気になり

AF-S DX 35/1.8G



AF-S DX 50/1.8G



いい値段するよなぁ・・・やっぱりふらふら

しかし、次の目標も決まったので
がんばろう
それまでは いまあるレンズで練習だ!!

DSC_0004.JPG

DSC_0094.JPG DSC_0099.JPG 

DSC_0108.JPG





posted by hekky at 20:20| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Nikon D40 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月09日

Nikon D40 中古買っちゃった!?

ドスパラで中古売ってたのをずっと
気になってたのですが、今日ついに実機を見に行きました




値段は16980円

程度も特に気になるところはなく
P510と
比べても重さや大きさなど
ぜんぜん変わらないほど

ついに憧れの?一眼レフを手に

実際には泥沼へあしを踏み入れたわけだ(苦笑)





http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d40/



いやぁ背景もボケる ボケる(^_^)ノ





暗い中で撮影しても バッチリぶれないで撮れた!


楽しい!!

これで日中で望遠使うときはP510を

動きの早いものはFZ−150を

普段はこのD40を

使い分けていこう!

ってか、FZ−150使わなくなりそうだが(*_*;

次はレンズだなー

シグマ 30mm f1.4の レンズほしいな






うぅ・・・こうやって泥沼にはまってくんだなー

気をつけよう・・・マジでw

posted by hekky at 04:04| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Nikon D40 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする