2013年10月30日

ASUS、Windows/Android OSをデュアルで搭載した3in1パソコン

これ、またいいなー(^^)
なかなか 面白いな

image-20131030000642.png



ASUSTeKは、
ノートパソコン、タブレット、デスクトップPCの
3つのスタイルで使える
「ASUS TransBook Trio(エイスース・トランスブック・トリオ) TX201LA」を発表。
11月2日より発売する。

「Windows 8」と「Android 4.2.2」の2つのOSを
ワンボタンで簡単に切り替えできる「ノートパソコンスタイル」、


image-20131030000721.png

ディスプレイを取り外してAndroidタブレットに早変わりする「タブレットスタイル」、
液晶ディスプレイやプロジェクター、大画面テレビに接続して
「Windows 8」を使用できる「デスクトップPCスタイル」の
3つのスタイルを1台に集約した3in1パソコン。
「PCステーション」(キーボード部)にWindows OSを、
「タブレット」にAndroid OSを搭載したデュアルOSを採用する。

「PCステーション」には、CPUに第4世代インテル「Core i7 4500U」と、
ストレージに500GB HDDを採用。
10点マルチタッチ対応の11.6型フルHD・IPS液晶搭載の「タブレット」は、
プロセッサーに「Atom Z2560」と、ストレージに16GB eMMCを採用。
それぞれCPUを搭載しており、
WindowsデスクトップPCとAndroidタブレット、
2台のデバイスとして同時使用も可能だ。



image-20131030000848.png

さらに、「PCステーション」には、
IEEE802.11ac対応の無線LAN、
大画面テレビや液晶ディスプレイにケーブル1本で接続できる
microHDMIやMini DisplayPortなどのインターフェースを装備。
「タブレット」には、
500万画素の背面カメラと92万画素の前面カメラなどを搭載する。
バッテリー駆動時間は、
「タブレットスタイル」が約5時間、
「ノートパソコンスタイル」のAndroid利用時が約13時間、
「デスクトップPCスタイル」が約5.6時間。
「タブレット」の本体サイズは304.92(幅)×9.7(高さ)×193.78(奥行)mmで、重量が約700g。
「PCステーション」の本体サイズは304.92(幅)×193.78(奥行)×13.4(高さ)mmで、重量が約1kg。「タブレット」+「PCステーション」の本体サイズは304.92(幅)×23.6(高さ)×193.78(奥行)mm、重量が約1.7kg。
ボディカラーはダークシルバー。
市場想定価格は139,800円。
posted by hekky at 00:11| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月29日

オリンパス、全域F2.8で光学10.7倍ズームの最上位デジカメ「STYLUS 1」

やばいーヤバイよコレヽ(´o`;
デジタルズーム600mm相当f値2.8ってのも
いいなぁ

だいたいコレ一つで こと足りちゃうじゃん


image-20131029151700.png



オリンパスイメージングは、
コンパクトデジタルカメラ
「OLYMPUS STYLUS(スタイラス)」シリーズの最上位モデルとして、
「STYLUS 1(ワン)」を発表。11月下旬より発売する。
新開発のi.ZUIKO DIGITALレンズを搭載し、
小型化と、高画質・全域での明るさ・高倍率を両立した
コンパクトデジタルカメラの最上位モデル。

35mm判換算で
28mmから300mmまでの光学10.7倍の焦点距離をカバーしながら、
開放F値は全域でF2.8という明るさを実現。
ズーム全域で明るいレンズにより、
マクロ撮影から望遠撮影まで、
さまざまなシーンで高画質な撮影とボケ味を楽しめる。
また、高倍率ズームで問題となる各種の収差を、
ズーム全域にわたってほぼ完璧に補正しているという。
手ブレ補正には、レンズシフト式手振れ補正機能を採用する。
撮像素子には、
1/1.7型で1200万画素の裏面照射型CMOSセンサーを搭載。
高性能な画像処理エンジン「TruePic VI」を採用する。
感度設定はISO100〜12800に対応。
連写撮影は約7コマ/秒となっている。
加えて、OLYMPUS PENシリーズから「FAST AF」も継承し、
「タッチAFシャッター」では、
タッチスクリーン画面をタッチするだけで、
被写体の位置に関わらず瞬時に撮影することが可能だ。


image-20131029152008.png

ファインダーは、
ミラーレス一眼「OM-D E-M5」と同等となる、
144万ドットの高精細なEVFを内蔵。
視野率は100%で、電子水準器とハイライト/シャドウ表示に対応する。
操作性では、
ハイブリッドコントロールリングやズームレバー、
カスタマイズ性の高い各種ボタン類などを装備する。
機能面では、Wi-Fi機能を内蔵し、
撮った写真を簡単にスマートフォンに転送することが可能。
動画撮影は1920×1080ドット/30p記録に対応する。
デジタルテレコン機能を搭載しており、
写真の中央部を2倍に拡大し、
高画質を保ったまま最大600mm F2.8相当の高倍率撮影が可能だ。

このほか、


image-20131029151946.png

電源オン・オフ時に自動で開閉する着脱式のレンズキャップ「LC-51A」が付属。
背面モニターは、タッチ操作対応の3.0型可動式液晶(約104万ドット)を搭載。
記録メディアは、SD/SDHC/SDXCカード(UHS-I対応)、Eye-Fiカードに対応。
バッテリー寿命は約410枚。
本体サイズは116.2(幅)×87(高さ)×56.5(奥行)mm(レンズキャップ含む)。
重量は約402g(充電池およびメモリーカード含む)。ボディカラーはブラック。
市場想定価格は70,000円前後。

posted by hekky at 15:23| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月27日

LX7とP510マクロ比較

先日購入したLX7を

少々 照明を落としてる室内で
1、LX7(パナ)
2、P510(ニコン)

を使って試し撮り。

手持ち
ISOオート上限400、またはオート上限800
AFマクロ
ホワイトバランス オート

@ 
P1030084.JPG
これは16:9の画像

次に3:2の画像
P1030085.JPG

そして ISOオート上限800の画像
P1030095.JPG

やはり800になると ザラッと感が目立ってくる
場面によっては まだ許容範囲内か?


次に AP510
DSCN4011.JPG
こちらは400だが 少しブレる^^;

DSCN4009.JPG
ISO800 多少ブレも少なくなった?
800だけど こっちの方は ぜんぜん許容範囲OK!

ホワトバランスオートだけど
全然色 違うよね〜

照明が黄色い照明なだけに
がんばって元の色を再現しているのは
P510のほうか?

ちなみに
iPhone5 

写真 (48).JPG

ISO3200 ^^;

さすがにザラっと感 満載(苦笑)


どっちが楽?と聞かれると
LX7のが楽だったかな?
P510だと 色はだいぶがんばれるんだけど
かなり手振れに気をつけないと
手持ちはキツかった

D40にいたっては
タムロンのF2.8通しの B005をつかったけど
まだまだ俺の腕では ブレブレ(;´Д`A ```

1.8G 使ったらまた違うんだろうけど
レンズ忘れてきたので比較できなかった^^
また今度つけてやってみます



とういうわけで
たいした比較ではないけど
明るいレンズのLX7
楽チンということで^^

はぁ、天気のいい明るいところで
花とかマクロとりたいな〜
LX7最高にきれいだろうな〜♪

posted by hekky at 01:08| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月25日

DMC-LX7

1年越しでずいぶん悩んだLX7

とうとう・・・

とうとう Getしてしまった(;´Д`A ```

lx7a.jpg

黒。

ヨドバシにて
前に29800円にしてもらったことがあるんだけど
そのときは買わなくて 次回にしたんだけど
今日もそれにしてくれたら 買うよ!

と。

表示価格 ¥35800

ポイント13%

しかしどうがんばっても
2000円引きの ¥33800
という、
オマケに 残り1台なんです・・・^^;



むむむ・・・(-""-;)ムム・・・
そういう作戦にきたかw

で、結局ポイント入れたら 29800円より安くなるし
手を打ったw
もう一声ほしかったけどね〜
lx7b.jpg

白は在庫がなく 取り寄せ・・・まぁ、特に
色にこだわりはなかったので
即決しましたが

これで、D40と、P510と、LX7の3台体制が
完成しました
FZ150もあるけど
これはこれで また活躍する機会もあるかと^^

lx7c.jpg

iPhone5 のカメラもあるし

常にもって歩く カメラとして
iPhone5 では 厳しいときにLX7活躍させよう

メーカーサイト

「持つよろこび」 と 「撮るたのしさ」

存分に味わうとしよう!ヽ(´ー`)ノ




posted by hekky at 23:28| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月10日

GALAXY ROUND

どうなん? これ



image-20131010023544.png

GALAXY ROUNDは、
本体背面のほか、
ディスプレイも湾曲したデザインが特徴のスマートフォン。
この湾曲を利用した独自の操作を行うこともでき、

たとえば、
平面に置いた状態でホーム画面がオフになった本体を傾けると、
日時やバッテリ、不在着信などをチェックすることができる。

また、ミュージックプレイヤーが起動しており、
ホーム画面がオフになった状態で
本体を左に傾けると、前のトラックを再生し、
右に傾けると曲送りすることも可能。

さらに、写真やビデオについても、
左右に傾けることで、アルバムコンテンツにアクセスできるという。



image-20131010023605.png



ディスプレイサイズは5.7インチで
Full HD Super AMOLEDディスプレイを採用。
大きな画面を利用して、複数のアプリを動かすこともできる。
厚さは7.9mm、重さは154g。
本体背面にはGALAXY Note 3のようにレザーが施されている。

http://news.mynavi.jp/news/2013/10/09/323/
posted by hekky at 02:36| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月09日

パナソニックLUMIX DMC-GF5


image-20131009220626.png

キタムラの中古で見つけた
激安ボディ

でも、色々考えてるうちに

やっぱりどうしても LX7の存在が忘れられない

D40もあるし、
やはり ミラーレス機よりも、手軽な
LX7の方が持って歩きやすいだろうなと。


GF5はボディのみなので
のちのちレンズも買わなければならない
12000円くらいのものだがレンズいれると
LX7買えちゃうんだよね(´Д` )

というわけで
もうひとつ、オリンパスのE-P2
というのもチェックして見た。



ちなみに中古で21000円

ま、結局はどっちもキャンセルして
LX7でもう少し悩みますってことにしたんだけども。

でも、さらに、その後ろに
D7000が ひかえてるんだよねー

いやぁ、キリがないw


で、キャンセルしたGF5は

すでに誰かが購入した模様
そりゃそうだ、あれだけの安値ならねー
状態もすっごく良かったし
でも、出番が少なくなるかもしれないのに
ただ安いからって手を出すのもどうかなーってね(´Д` )










小型・軽量 街へ一緒にでかけたくなる、コンパクトなミラーレス一眼
デジタル一眼ならではの高画質や高い機能性はそのままに、
ボディとレンズを徹底的に小型・軽量化。
近所の散歩、荷物がかさばる旅行でも気軽に持ち歩いて、
楽しい思い出が撮影できる。



image-20131009221406.png


コンパクトボディにフラッシュを内蔵
室内や暗い場所で被写体も背景もしっかり撮影したいときなど、
フラッシュを使用することで被写体も背景もくっきり撮影が可能。
さらに、シャッター速度が速くなるので手ブレをおさえて撮影できる。



新開発1210万画素 高画質
 Live MOSセンサー緻密なディテールや微妙な色彩まで忠実に記録する
有効画素数1210万画素 Live MOSセンサーを搭載。
優れた解像力・描写力・色再現力による「質感描写」に
こだわった高品位な写真画質を実現。
また、高感度撮影時に起こりやすいノイズを低減し、
黒つぶれを抑えた高い階調性を実現。
高い解像力と合わせ、撮影の難しいシーンもくっきりと、
見たままの美しさで高精細に残せる。


ヴィーナスエンジンより美しく、なめらかに。
そして高速、省電力
ノイズを抑えた高画質と高速での画像処理を両立する
ルミックス独自の「ヴィーナスエンジン」を搭載。


高感度撮影 最高感度ISO12800※。
ノイズの発生を抑え、暗いシーンでも被写体をクリアにとらえる
新開発の高画質Live MOSセンサーと、
画像処理性能が大きく向上したヴィーナスエンジンにより、
最高感度ISO12800※まで増感することに成功。
また、ノイズを抑えながら立体感を表現する「3DNR」などにより、
高感度撮影でも低ノイズなヌケの良い描写が可能になった。
※ [拡張ISO感度]を設定時に変更できます。


image-20131009221731.png


ライブビュー液晶 仕上がりイメージを確認しながら撮影できる
3.0型(アスペクト比3:2)
約92万ドットの高精細広視野角タッチパネル液晶を搭載。
設定も撮影もタッチで操作できる。
また、ナナメからでも見やすい広視野角液晶なので、
フレーミングの難しいシーンも楽な姿勢で撮影できる。


タッチパネル&コントロールダイヤル 
タッチだから感性をそのまま表現できる
一眼をもつのが初めての方にもすぐに操作ができるよう、
コンパクトカメラでも採用している、タッチパネルを搭載。
また、すばやい設定が可能なコントロールダイヤルも搭載。
タッチパネルとコントロールダイヤルを同じ面に配置することで、
シームレスな操作感を実現している。



ボケ味コントロール機能 一眼らしいボケ効果が、タッチで思い通りに出せる
「ボケ味コントロール機能」は、
タッチ操作だけで思い通りに一眼ならではの
美しいボケ味を調節できる機能。
ボケ味コントロール機能ボタンを最初にタッチし、スライドバーを表示。
スライドバーのカーソルにタッチして
左右になぞるだけで、背景のボケ具合を調節可能。
さらにタッチタブエリアのシャッターボタンを押せば
そのボケ味のまま撮影することができる。
自分でレンズの絞りを操作しなくても、
一眼ならではの美しいボケ味を得ることができる。


高速約0.09秒AF※動き回る被写体の一瞬を、逃さず狙える
Live MOSセンサーの出力の高速化と、
エンジンの処理能力の向上により、
合焦検知スピードの高速化に成功。
また、レンズ駆動のスピードを高速化することで、約0.09秒※という高速AFを実現。撮りたい一瞬を逃さない。
※ GF5X付属および、別売の14-42mm電動ズームレンズ装着時。
●すべての環境下での効果を保証するものではありません。


シーンガイド おしゃれな写真の撮り方をカメラが教えてくれる
一眼カメラを使いこなした人にとってはかんたんな設定や表現も、
一眼カメラ初心者にとっては難しいもの。
GF5のシーンガイドなら雑誌や写真集を見るように、
表現したい写真を選ぶだけで設定できる。
選べる効果は全23種類。
掲載している写真は、全てプロカメラマンが撮影している。
また、
設定画面では効果の前後写真を表示し、効果をわかりやすく説明。
さらに、撮影で役立つワンポイントやステップアップ、
おすすめレンズのアドバイスも教えてくれるので、
撮影しながら写真の知識も身につけられる。

●シーンガイドモードの「水面をキラキラ撮る」/「イルミネーションをキラキラ撮る」/「花をふんわり撮る」では、動画撮影はできません。

クリエイティブコントロール 
14種類のフィルター効果から“好み”の作風で撮影が楽しめる
好みの色合いに応じた表現が楽しめるクリエイティブコントロールなら、
自分らしい写真表現ができる。
選べる効果は全14種類。
強調したい色を1色だけ残しそれ以外を白黒にする「ワンポイントカラー」や、イルミネーションなどの光を十字状に光らせることで、より華やかに演出できる「クロスフィルター」など。
液晶モニターで効果を確認しながら、新しい映像表現を手に入れられる。



1080/60i記録 AVCHD フルハイビジョン動画声やしぐさまで、
一眼画質のフルハイビジョン動画でキレイに残す
1920×1080(60i記録、センサー出力30コマ/秒)の
フルハイビジョン画質で動画を記録できる。
AVCHDは高い圧縮率での保存が可能。
より小さなデータ量で記録でき、長時間の撮影が可能。
また、1280×720(60p記録、センサー出力30コマ/秒)の
ハイビジョン画質での撮影も可能。
気軽に持ち歩ける小型サイズなので、
ふとみつけたかわいい街の景色や、記念日やイベントシーンを、
一眼ならではの美しさで残せる。


MP4動画撮影 自宅のパソコンでの編集・保存に便利
動画撮影はパソコンでの再生や編集、メールへ添付、
インターネットへのアップロードに適したMP4モードも選ぶ。
撮影中は液晶画面上に、どちらのモードで撮っているかが一目で分かるアイコンを表示。


posted by hekky at 22:24| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月03日

オーディオテクニカ AT-PHA05BT


ポタアン内蔵ということで期待大( ´ ▽ ` )

しかしGL07Sでは 直刺しのが音はいい
無念・・・

でもiPhone5にはちょうどいい!

曲名も日本語表示されるし いいねぇ、

image-20131003145236.png


◆手持ちのヘッドホンで
音楽再生や通話がワイヤレスで楽しめる
Bluetooth A2DP対応機器の音楽や
HFP/HSP対応機器での通話がワイヤレスで楽しめる。
ワンセグ音声がワイヤレスで視聴できるSCMS-T対応。
音切れが起こりにくいBluetooth 標準規格Ver2.1+EDRを採用。
マルチペアリング対応により最大8台までの機器登録が可能。
日本語楽曲タイトル※、着信電話番号、電池残量、
音量レベルなどの情報を表示する有機ELディスプレイ搭載。
※接続機器がAVRCP1.3以上で楽曲タイトル送信機能に対応している必要があります。

EMOBILEのスマホ GL07Sには対応しておらず
iPhone5ではバッチリOK!


◆ヘッドホンの性能を引き出して
高音質再生を実現するヘッドホンアンプ内蔵
30mW+30mWの高出力ヘッドホンアンプ搭載でパワフル駆動。
深みのある低音を再生するCCL(カップリングコンデンサーレス)回路搭載。
好みに合わせて音質が切り換えられる4種類のエフェクトモード※を用意。
※MUSIC(DYNAMIC)、MUSIC(BASS BOOST)、MOVIE、GAMEの4つのモードから選択可能。 / 
※3極端子専用モデルとなります。
4極端子のヘッドホンは動作保証対象外となりますので、ご注意ください。







ヘッドフォン付きのはこっち



posted by hekky at 14:56| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他AV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月02日

DENON SC-L50

たーいへん ご無沙汰してます
みなさん、お元気ですか?

もう10月、すっかり秋めいてきましたね

秋の夜長・・・なにしましょうか?

自分は相変わらず デジモノに囲まれて暮らしてます。

携帯も また改めて記事にしますが
長年使ってきた auから EMOBILEに変えた

と思ったら

納得いかなくて わずか2週間でまたもとのauに戻す始末。

高い勉強代でした(^^;;

でも、そのEMOBILEの端末
気に入ってて 音がいいんですよ。

それを もうだいぶ前になりますが
ハードオフで9800円で売ってたこの



image-20131002225136.png


DENON SC-L50

http://www.denon.jp/JP/museum/products/scl50.html

と marantzの PM6100SA Ver.2 という
プリメインアンプで 音楽を楽しんでます。


このスピーカー

1988年製という 古いものですが
視聴して気に入ってしまったので
即決したのですが

低音にビビりが入るんですよねー2本とも(^^;;

それでその値段?

と思ったんだけど
中高音はバッチリ好みだったんでOKしましたが。

ほんと気に入ってます。

で、これまた、EMOBILEの端末
GL-07Sというスマホなんですが
Dolby デジタル プラス
というのがついてまして
ほんと ヘッドフォンとかで聴くと
びっくりしますよ?

もちろん スピーカーからでも( ´ ▽ ` )ノ

というわけで 楽しいです

ではではまた。
posted by hekky at 23:05| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | AVアンプとスピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。