2009年02月12日

NS−125F MC

NS−125FMC.jpg

●ホワイトコーン採用8cmウーファー×2によるツインドライブ構成
●さらにリファインされた2.2cmバランスドームツィーター
●量感あふれる中低域再生のためのツインバスレフポート
●木質系素材による響きの良いキャビネット
●スチール製大型フットプレート











エンクロージャー方式 バスレフ
使用ユニット ウーファー 8cmコーン型ウーファー×2
ミッドレンジ
トゥイーター2.2cmバランスドーム型ツィーター
インピーダンス
最大入力 120W
出力音圧レベル 86dB(1W、1m)
再生周波数帯域 60−35,000Hz
クロスオーバー周波数 6,000Hz
外形寸法(幅×高さ×奥行mm)236×1050×236
質量 約7.2kg


近所のベスト電器にて
シアタールームに置いてあった この125F

値段は 1本16,800円也

並べておいてあったデノンのと比べて
やはり YAMAHAのが気に入った

その後 また 前述のデノンのSC−T33をみて
悩みに悩んだのだが・・・

2本で3万超えしたので 我慢 我慢・・・

展示品処分で ペア12,800円と見つけたので
また やっちまった(;´Д`A ```

これで フロント、センター、ウーハーがYAMAHAとなった。

すべて中古や展示品処分(笑)

いいさ いいさ それでも 幸せになれるんだから♪

まぁ、 この値段では しばらく
出てこないだろうな〜

というわけで とりあえず!

1本でまだ これぐらいの値段つけてるもんな〜

ワンランク上の225は 展示品処分ペア2万5千円だった

交渉すると2万3千円までなら・・・とw

結局 125Fにしたよ

展示品だったので 付属のコードはなくなってたらしく

新しく別のをくれた
まぁ、付属の細ッコいのではなくなったので
いいかな^^

もういいな・・・

もうこれで 打ち止めにしとかなきゃ。

_| ̄|○ ガクッ


服とかには 万単位で買う時は
そりゃぁもう 熟考のすえ熟考を重ね 結局買わないが

AV関連だと すぐに手を出すのは
やはり興味の問題か・・・。


当時ジーンズに 何万も かけてた 元彼女の神経が
知れなかったが

今きっと AV機器に ポンと買う俺の神経も
知れないんだろうな (*≧m≦*)ププッ

趣味ってそんなもんか

釣り竿だってそうか ん万、どうかしたらん十万の竿あるもんね〜

お客さんでね 
『わりぃな のみに行かなくて
竿買っちゃったからさ〜』

とかいう なじみのお客さんのフライマンがいる(笑)

趣味って・・・

揃えるまで金かかるけど

揃えてからも 金かかるのよね〜

まさに 泥沼w(滝汗)


まぁ、上見たらキリないし 無理しない程度に
楽しまなきゃね

さぁ、繋げるのが楽しみだな〜ヽ(´ー`)ノ

posted by hekky at 23:27| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | AVアンプとスピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114136799
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。