2011年10月04日

東芝、4K2Kパネルを搭載した「REGZA 55X3」を発表 REGZA 55X3


REGZA 55X3.jpg

東芝は、デジタルハイビジョン液晶テレビ「REGZA」シリーズの新モデルとして、
フルHDの4倍の情報量を表示できる新開発の4K2Kパネルを採用した
55V型液晶テレビ「REGZA 55X3」を発表。12月中旬より発売する。

新モデルでは、液晶パネルに新開発の「4倍画素QFHDパネル」を採用。
フルHD(1920×1080)の4倍の約829万(3840×2160)画素
より緻密な高精細映像を実現している。
さらに、240分割された直下型LEDバックライトをきめ細かに制御することで、
深みのある陰影部と色鮮やかな光彩部の描写を実現している。

また、従来の超解像技術にカラーテクスチャー復元超解像技術を加えた
5つの超解像技術を駆使した「QFHD超解像技術」を新たに搭載。
デジタル放送やブルーレイディスクなどのフルHD相当の2D映像に
超解像処理を施すことで、4倍の画素数による精細感のある映像を実現している。

さらに、専用メガネを用いることなく
自然で見やすい3D映像の視聴を可能にする
「インテグラルイメージング(光線再生)方式」の3D表示に対応
2D映像や2視差の3D映像から
独自の映像処理技術で9つの映像(9視差映像)をリアルタイムに生成し、
液晶パネルからレンチキュラーシートを通して映し出すことで、
大画面グラスレス3D映像が楽しめる

音質面では、液晶パネル部の上下左右にスピーカーを配置し、
音が画面中央にフォーカスするセンターフォーカスサウンドシステムを搭載。
画面四角に配置したスピーカーで音像を画面のセンターにフォーカス(定位)することにより、
自然なサウンドを実現している。

録画機能は、地上デジタルチューナーを3基搭載し、
デジ番組を自由に視聴しながら
同時に2番組をUSB HDDに録画できる「地デジ見ながらW録」
を利用可能。
長時間録画機能も備えており、ASモード利用時で2TBのUSB HDDに最大約711時間録画できる。

ネットワーク機能では、
ネットワーク接続された
他の「REGZA」や「REGZAブルーレイ」、「REGZA Tablet」などと
組み合わせて自宅の好きな場所で好きな録画番組などを楽しめる
「レグザリンク・シェア」を搭載。
USB HDDに録画した番組を
ネットワーク経由で配信できる「サーバー機能」、
DTCP-IP対応のコンテンツサーバー機能を持つ「REGZAブルーレイ」などに
保存されているコンテンツを再生できる「プレーヤー機能」、
「レグザAppsコネクト」のアプリ「RZ見るナビ」をインストールした
スマートフォンやタブレットの操作で、
家庭内ネットワークに接続された「REGZAブルーレイ」に録画した番組を
視聴できる「レンダラー機能」などを利用可能だ。

REGZA 55X3b.jpg

このほか、「REGZA」付属のリモコンで
同社のパソコンや「REGZAブルーレイ」などの周辺機器を
操作できる「レグザリンク・コントローラー」や、
USB HDDなどに録画した番組を
「REGZAブルーレイ」やDTCP-IP対応サーバーに手軽にダビングできる
「レグザリンク・ダビング」なども備えている。

市場想定価格は90万円前後

ヽ(TдT)ノアーウ… 90まんて。。。。
posted by hekky at 10:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他AV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/228651030
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。