2012年07月26日

ソニー、Music Unlimitedにも対応したブルーレイプレーヤー

ソニー、Music Unlimitedにも対応したブルーレイプレーヤー
2012年7月26日 14:05掲載


image-20120726200404.png





ソニーは、ブルーレイプレーヤーの新モデルとして、
「BDP-S590」と「BDP-S190」の2機種を発表。
「BDP-S590」を10月20日より、「BDP-S190」を9月1日より発売する。

いずれも、
高速ローディングやネットワーク機能を塔載したブルーレイプレーヤー。
動画視聴サービスは、
「YouTube」「Hulu」「DMM.TV」「U-NEXT」
「Video Unlimited」「Music Unlimited」「goo映画」などに対応。
また、USB端子を備えており、
USBメモリーに保存された動画・静止画・音楽ファイルの再生が可能だ。

■上位モデル「BDP-S590」
2011年9月に発売された「BDP-S480」後継機で、
従来のBlu-ray 3DやSACDの再生や、高速起動、高速ローディング、
ネットワークサービスに加えて、新たに無線LANを内蔵し、
「ソニールームリンク」機能(DLNA)に対応したのが特徴だ。
「ソニールームリンク」機能を利用することで、
ほかの部屋のブルーレイレコーダーで録画した番組をネットワーク経由で再生することができる。
また、同社のタブレット端末「Sony Tablet」内の
動画・静止画・音楽ファイルをネットワーク経由で本機に送信し、
テレビで再生することができる「Throw再生」に対応している。
さらに、スマートフォンを使った「Media Remote」機能も塔載。
AndroidまたはiPhoneに専用アプリをインストールし、
スマートフォンをリモコンとして使用できる。
このほか、BD、DVD、CDの関連情報を取得できる「Gracenote」にも対応する。
本体サイズは430(幅)×42(高さ)×199(奥行)mm、重量は約1.5kg。
市場想定価格は24,000円前後。

■エントリーモデル「BDP-S190」


image-20120726200556.png


2011年9月に発売された「BDP-S380」の後継にあたる、
Blu-ray 3D非対応のエントリーモデル。
本体サイズを小型したのが特徴で、
横幅は従来モデル「BDP-S380」の430mmから290mmへと小型化している。
このほか、高速起動や高速ローディングにも対応する。
本体サイズは290(幅)×43(高さ)×196(奥行)mm、重量は約1.1kg。
市場想定価格は15,000円前後。

まだAmazonには日本仕様のがないのね?




しかしなんだねー
プレーヤーでは 普通にPS3でいい気がする
(´Д` )って言ったら
元も子もないかw
posted by hekky at 20:13| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他AV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/283217540
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。