2012年09月20日

ソニー、Androidウォークマンの新モデル「F800」

ソニー、Androidウォークマンの新モデル「F800」
2012年9月20日 15:00掲載



image-20120920182824.png



ソニーは、
Android OSを採用する「ウォークマン」の新モデルとして
「F800」シリーズを発表。10月20日より発売を開始する。

3.5型の液晶モニター(800x480ドット)を装備した、
56.8(幅)×114.6(高さ)×8.9(奥行)mmで
重量約100gの小型・軽量ボディに、Android 4.0を搭載。
音楽や動画の再生に加えて、
WebブラウジングやAndroidアプリを楽しむこともできる。
プロセッサーには、「Z1000」シリーズと同様、
NVIDIA「Tegra 2」を採用する。

音質面では、「Z1000」シリーズと同じく、
モバイル機器向けに最適化したフルデジタルアンプ「S-Master MX」を搭載。
周囲の騒音を約98.0%カットする「デジタルノイズキャンセリング機能」、
高音域をクリアに再現する「DSEE」、
力強い重低音の「クリアベース」、
クリアなステレオ感を実現する「クリアステレオ」、
直径13.5mmドライバーユニットの「EXモニターヘッドホン」などの
独自の高音質技術「クリアオーディオテクノロジー」も備えている。
さらに、音響特性を最適化する「クリアフェーズ」を新たに搭載。
「クリアフェーズ」は、スピーカーとヘッドホンの両方で利用することが可能だ。

また、音楽再生用の独自アプリ「W.ミュージック」を搭載。
アーティスト名/アルバム名/ジャンル名から選曲できる「ライブラリ」、
ムード名を選ぶだけで選曲できる「おまかせチャンネル」、
ジャケ写にさわりながらアルバム単位で選曲できる「カバーアートビュー」といった選曲モードを搭載し、
直感的な操作で選曲することが可能だ。
「歌詞ピタ」の表示にも対応している。
さらに、本体脇に「W.ボタン」を押すと、
他の操作をしている最中でも音楽再生画面を起動することができる。
このほか、再生可能な音楽ファイルとして、
新たにFLACに対応するのも特徴(MP3/WMA/ATRAC/ATRAC Advanced Lossless/リニアPCM/AAC/HE-AACにも対応)。
IEEE 802.11b/g/nに対応の無線LAN機能、
A2DP/AVRCP/A2DP/OPP/HIDに対応のBluetooth機能、
FMラジオ、GPS、加速度センサーなども備えている。
バッテリー駆動時間は、音楽再生が約20時間、動画再生が約5時間。
なお、DLNA機能(DLAN Throw)は、後日アップデートでの対応が予定されている。


image-20120920183103.png


ボディカラーは、
ブラック、ホワイト、ブルー、ビビッドピンク、ライトピンクの5色。
64GBモデル「NW-F807」、
32GBモデル「NW-F806」、
16GBモデル「NW-F805」の3モデルがラインアップされる。

市場想定価格は、
「NW-F807」が35,000円前後、
「NW-F806」が25,000円前後、
「NW-F805」が20,000円前後。

このほか、
新設計の専用スピーカーが付属する「F800K」シリーズと、
Bluetoothイヤホンが付属する「F800BT」シリーズも同時に発表。
「F800K」シリーズは、
32GBモデル「NW-F806K」・・・¥28000前後
と16GBモデル「NW-F805K」・・・¥23000前後の2機種が、

『F800Kシリーズ』:“ウォークマン”を充電しながら再生可能な専用スピーカー付属

『F800Kシリーズ』には専用スピーカーを付属しており、
“ウォークマン”本体を設置して再生および充電を行えます。
“ウォークマン”本体の充電池を使用してスピーカーを駆動できるので、
そのまま屋外へ持ち出して音楽を楽しむこともできます。
また、“ウォークマン”本体の高音質技術「クリアフェーズ」により、
デジタル信号処理で付属スピーカーの音響特性を最適化し、
音質を向上させています。加えて、
音量増強技術“xLOUD”の搭載などにより迫力のあるサウンドを楽しめます。
付属スピーカーは “ウォークマン”と統一したデザインはそのままに、
丸みを帯びた本体かつ持ち運びに便利な重さ161gの軽量サイズを採用しています。


ポータブルスピーカーはこれもおすすめ!



重さは専用のより倍以上重たいけどね(´Д` )


「F800BT」シリーズは、16GBモデル「NW-F805BT」がラインアップされる。
¥26000前後

『F800BTシリーズ』には、
“ウォークマン”のカラーにマッチするBluetoothレジスタードマークヘッドホンを付属。
本体をバッグなどに入れたまま、
胸元のシャトルスイッチで手軽に操作が可能です。
また、「ノイズキャンセリング機能」を搭載し、
周囲の騒音を約90.0%※15カットすることができます。
さらに、バッテリーがなくなった際には、
“ウォークマン”からの「おすそわけ充電」や、
microUSB を使用してPC などから直接充電することもできるので、便利です。
加えて、本体とのペアリングが済んでいるため、面倒な設定も不要です。


両シリーズとも、ボディカラーは、
ブラック、ホワイト、ブルー、ビビッドピンク、ライトピンクの5色。


posted by hekky at 18:38| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ポータブルメディアプレーヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック