2012年12月11日

JBL、Lightning端子を搭載したBluetoothスピーカー

JBL、Lightning端子を搭載したBluetoothスピーカー
2012年12月11日 15:05掲載



image-20121211191403.png



ハーマンインターナショナルは、
JBL製のBluetooth対応スピーカー「JBL ONBEAT VENUE LT」を発表。
本体カラーがブラックのモデルを12月下旬に、
ホワイトのモデルを2013年春に発売する。

iPhone 5やiPad、iPad miniなど、
Lightningコネクターを備えた
iOS機器を接続できるBluetooth対応スピーカー。
Bluetooth接続による外部機器の音楽再生のほか、
LightningコネクターからiOS機器を充電しながら音楽を再生することが可能だ。


image-20121211191456.png


音質面には、76mm径ウーハーと
38mm径ドームツィーターからなる
2wayスピーカーシステムを搭載し、
出力30Wのデジタルアンプを採用。
ワイドレンジで質の高いHi-Fiサウンドが楽しめるという。
バスレフポートには独自の
「スリップストリーム・ポートテクノロジー」を採用し、
パワフルな低音再生を可能にしたという。

また、iOS専用のアプリケーション「JBL MusicFlow」に対応したのもポイント。
直感的なプレイリストの作成を可能にする機能や、
5種類のプリセットイコライザー機能により、
好みの曲順と音質で音楽を楽しむことができる。

このほか、Bluertooth 2.1+EDRに対応し、
プロファイルがA2DP/AVRCP/AAC。
周波数特性は20Hz〜20kHz、出力は15W×2。
インターフェイスとして、
Lightningコネクター×1、
3.5mmステレオミニジャック(外部入力)×1を備える。


image-20121211191606.png


本体サイズは415(幅)×138(高さ)×138(奥行)mm。
重量は2.25kg。
市場想定価格は20,000円前後。
posted by hekky at 19:16| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | AVアンプとスピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/306449946
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。