2013年03月25日

TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II LD ASPHERICAL [IF] MACRO デジタル専用 A14

誕生日のお返しに買ってもらった(笑)


image-20130325190419.png


デジタル一眼レフカメラ専用レンズ誕生

デジタル一眼レフカメラ専用設計により、
35mmフィルム用レンズの焦点距離
28-300mmとほぼ同等の画角をカバーする
超高倍率ズームレンズを実現。
一本でほとんどの撮影シーンをレンズ交換することなく撮影できる。
加えて、今回同時に開発した
デジタル一眼レフカメラ専用レンズ11-18mmと組み合わせれば、
35mmフィルムサイズの画角換算で17‐300mmまでの
幅広い画角を二本で楽しめる。

特殊硝材を多数採用し、
デジタルカメラの特性に配慮した光学設計を採用。
画質の向上、コンパクト化を実現
XR(高屈折率)ガラスの革新的な活用により、
全体の光学パワー配分の最良化を求め、
コンパクト化を図ると共に諸収差を良好に補正している。
さらに、複合非球面レンズ3枚やLD(特殊低分散)レンズ2枚を採用し、
デジタルでの画質向上の大きな要因になる
軸上および倍率色収差を良好に補正し、
汎用ズームレンズとして、高い描写性能を実現した。

撮像素子に入射する光の角度を考慮した、
デジタル一眼レフカメラに最適な光学設計
ズームによる収差変動の影響にも考慮し、
画面中心から周辺まで撮像素子に入射する光の角度を
一定の範囲内に収めるよう考慮した光学設計を採用している。

◆周辺光量の低下を抑制
従来のフィルムカメラ用に設計されたレンズに比較して
周辺光量の低下を抑制し、中心から周辺まで画面均一な描写を実現している。

◆高解像性能を実現
デジタル一眼レフカメラ専用のレンズとして、
高解像性能、高コントラスト性能、平面性に優れた画質を実現し、
さまざまな撮影シーンに対応できる。

◆徹底したゴースト・フレア対策を行うため、
インターナル・サーフェイス・コーティングを積極的に採用
レンズフロント面からの光による反射、
撮像素子の影響による画質低下を押さえるために、
新たに開発したマルチコートの採用や、
インターナル・サーフェイス・コーティング
(レンズ貼り合わせ面へのマルチコート)を積極的に採用している。

◆最短撮影距離 0.45mを実現。最大撮影倍率1:3.7
従来の28‐300mmレンズの最短撮影距離をさらに短くし、
0.45mを実現した。
200mm側での最大撮影倍率は1:3.7となり、
手軽にクローズアップ撮影を楽しむことができる。

◆機構的工夫により、高倍率ながら軽量・コンパクト設計を実現
機構的な工夫により、
コンパクトなボディの中に複雑な構造を納め、
汎用ズームレンズとして優れた携帯性、操作性を実現した。
生産面においても複雑な構造を持つ
『AF18-200mmF/3.5-6.3 XR Di II LD Aspherical [IF] MACRO 』の製品化のため、
部品の高精度化・軽量化・強度向上など、製造技術の革新を図っている。

◆携帯に便利なズームロック機構採用
携帯時の自重落下を防止する「ズームロック機構」を搭載した。

◆遮光性に優れた花形フードを標準装備
クリアで抜けの良い描写性能を実現するため、
画角外から射し込んでくる有害な光線を
画面の四角いフレームに適した効果的な形状でカットする花形フードを標準装備した。

◆「DiII」シリーズとしての“高性能、高精密度感”を表現する、
新デジタル世代レンズにマッチしたデザインを採用
デザイン上のポイントになるリング部分に、ゴールド色のリングを採用。
「DiII」レンズシリーズとしての視認性とデザインの向上を図った。
ズーム・フォーカスリングに新しいラバーパターンを採用。
カメラに装着した時の一体感、操作感に配慮している。



posted by hekky at 19:09| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Nikon D40 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック