2013年10月09日

パナソニックLUMIX DMC-GF5


image-20131009220626.png

キタムラの中古で見つけた
激安ボディ

でも、色々考えてるうちに

やっぱりどうしても LX7の存在が忘れられない

D40もあるし、
やはり ミラーレス機よりも、手軽な
LX7の方が持って歩きやすいだろうなと。


GF5はボディのみなので
のちのちレンズも買わなければならない
12000円くらいのものだがレンズいれると
LX7買えちゃうんだよね(´Д` )

というわけで
もうひとつ、オリンパスのE-P2
というのもチェックして見た。



ちなみに中古で21000円

ま、結局はどっちもキャンセルして
LX7でもう少し悩みますってことにしたんだけども。

でも、さらに、その後ろに
D7000が ひかえてるんだよねー

いやぁ、キリがないw


で、キャンセルしたGF5は

すでに誰かが購入した模様
そりゃそうだ、あれだけの安値ならねー
状態もすっごく良かったし
でも、出番が少なくなるかもしれないのに
ただ安いからって手を出すのもどうかなーってね(´Д` )










小型・軽量 街へ一緒にでかけたくなる、コンパクトなミラーレス一眼
デジタル一眼ならではの高画質や高い機能性はそのままに、
ボディとレンズを徹底的に小型・軽量化。
近所の散歩、荷物がかさばる旅行でも気軽に持ち歩いて、
楽しい思い出が撮影できる。



image-20131009221406.png


コンパクトボディにフラッシュを内蔵
室内や暗い場所で被写体も背景もしっかり撮影したいときなど、
フラッシュを使用することで被写体も背景もくっきり撮影が可能。
さらに、シャッター速度が速くなるので手ブレをおさえて撮影できる。



新開発1210万画素 高画質
 Live MOSセンサー緻密なディテールや微妙な色彩まで忠実に記録する
有効画素数1210万画素 Live MOSセンサーを搭載。
優れた解像力・描写力・色再現力による「質感描写」に
こだわった高品位な写真画質を実現。
また、高感度撮影時に起こりやすいノイズを低減し、
黒つぶれを抑えた高い階調性を実現。
高い解像力と合わせ、撮影の難しいシーンもくっきりと、
見たままの美しさで高精細に残せる。


ヴィーナスエンジンより美しく、なめらかに。
そして高速、省電力
ノイズを抑えた高画質と高速での画像処理を両立する
ルミックス独自の「ヴィーナスエンジン」を搭載。


高感度撮影 最高感度ISO12800※。
ノイズの発生を抑え、暗いシーンでも被写体をクリアにとらえる
新開発の高画質Live MOSセンサーと、
画像処理性能が大きく向上したヴィーナスエンジンにより、
最高感度ISO12800※まで増感することに成功。
また、ノイズを抑えながら立体感を表現する「3DNR」などにより、
高感度撮影でも低ノイズなヌケの良い描写が可能になった。
※ [拡張ISO感度]を設定時に変更できます。


image-20131009221731.png


ライブビュー液晶 仕上がりイメージを確認しながら撮影できる
3.0型(アスペクト比3:2)
約92万ドットの高精細広視野角タッチパネル液晶を搭載。
設定も撮影もタッチで操作できる。
また、ナナメからでも見やすい広視野角液晶なので、
フレーミングの難しいシーンも楽な姿勢で撮影できる。


タッチパネル&コントロールダイヤル 
タッチだから感性をそのまま表現できる
一眼をもつのが初めての方にもすぐに操作ができるよう、
コンパクトカメラでも採用している、タッチパネルを搭載。
また、すばやい設定が可能なコントロールダイヤルも搭載。
タッチパネルとコントロールダイヤルを同じ面に配置することで、
シームレスな操作感を実現している。



ボケ味コントロール機能 一眼らしいボケ効果が、タッチで思い通りに出せる
「ボケ味コントロール機能」は、
タッチ操作だけで思い通りに一眼ならではの
美しいボケ味を調節できる機能。
ボケ味コントロール機能ボタンを最初にタッチし、スライドバーを表示。
スライドバーのカーソルにタッチして
左右になぞるだけで、背景のボケ具合を調節可能。
さらにタッチタブエリアのシャッターボタンを押せば
そのボケ味のまま撮影することができる。
自分でレンズの絞りを操作しなくても、
一眼ならではの美しいボケ味を得ることができる。


高速約0.09秒AF※動き回る被写体の一瞬を、逃さず狙える
Live MOSセンサーの出力の高速化と、
エンジンの処理能力の向上により、
合焦検知スピードの高速化に成功。
また、レンズ駆動のスピードを高速化することで、約0.09秒※という高速AFを実現。撮りたい一瞬を逃さない。
※ GF5X付属および、別売の14-42mm電動ズームレンズ装着時。
●すべての環境下での効果を保証するものではありません。


シーンガイド おしゃれな写真の撮り方をカメラが教えてくれる
一眼カメラを使いこなした人にとってはかんたんな設定や表現も、
一眼カメラ初心者にとっては難しいもの。
GF5のシーンガイドなら雑誌や写真集を見るように、
表現したい写真を選ぶだけで設定できる。
選べる効果は全23種類。
掲載している写真は、全てプロカメラマンが撮影している。
また、
設定画面では効果の前後写真を表示し、効果をわかりやすく説明。
さらに、撮影で役立つワンポイントやステップアップ、
おすすめレンズのアドバイスも教えてくれるので、
撮影しながら写真の知識も身につけられる。

●シーンガイドモードの「水面をキラキラ撮る」/「イルミネーションをキラキラ撮る」/「花をふんわり撮る」では、動画撮影はできません。

クリエイティブコントロール 
14種類のフィルター効果から“好み”の作風で撮影が楽しめる
好みの色合いに応じた表現が楽しめるクリエイティブコントロールなら、
自分らしい写真表現ができる。
選べる効果は全14種類。
強調したい色を1色だけ残しそれ以外を白黒にする「ワンポイントカラー」や、イルミネーションなどの光を十字状に光らせることで、より華やかに演出できる「クロスフィルター」など。
液晶モニターで効果を確認しながら、新しい映像表現を手に入れられる。



1080/60i記録 AVCHD フルハイビジョン動画声やしぐさまで、
一眼画質のフルハイビジョン動画でキレイに残す
1920×1080(60i記録、センサー出力30コマ/秒)の
フルハイビジョン画質で動画を記録できる。
AVCHDは高い圧縮率での保存が可能。
より小さなデータ量で記録でき、長時間の撮影が可能。
また、1280×720(60p記録、センサー出力30コマ/秒)の
ハイビジョン画質での撮影も可能。
気軽に持ち歩ける小型サイズなので、
ふとみつけたかわいい街の景色や、記念日やイベントシーンを、
一眼ならではの美しさで残せる。


MP4動画撮影 自宅のパソコンでの編集・保存に便利
動画撮影はパソコンでの再生や編集、メールへ添付、
インターネットへのアップロードに適したMP4モードも選ぶ。
撮影中は液晶画面上に、どちらのモードで撮っているかが一目で分かるアイコンを表示。


posted by hekky at 22:24| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/377059943
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。