2013年10月29日

オリンパス、全域F2.8で光学10.7倍ズームの最上位デジカメ「STYLUS 1」

やばいーヤバイよコレヽ(´o`;
デジタルズーム600mm相当f値2.8ってのも
いいなぁ

だいたいコレ一つで こと足りちゃうじゃん


image-20131029151700.png



オリンパスイメージングは、
コンパクトデジタルカメラ
「OLYMPUS STYLUS(スタイラス)」シリーズの最上位モデルとして、
「STYLUS 1(ワン)」を発表。11月下旬より発売する。
新開発のi.ZUIKO DIGITALレンズを搭載し、
小型化と、高画質・全域での明るさ・高倍率を両立した
コンパクトデジタルカメラの最上位モデル。

35mm判換算で
28mmから300mmまでの光学10.7倍の焦点距離をカバーしながら、
開放F値は全域でF2.8という明るさを実現。
ズーム全域で明るいレンズにより、
マクロ撮影から望遠撮影まで、
さまざまなシーンで高画質な撮影とボケ味を楽しめる。
また、高倍率ズームで問題となる各種の収差を、
ズーム全域にわたってほぼ完璧に補正しているという。
手ブレ補正には、レンズシフト式手振れ補正機能を採用する。
撮像素子には、
1/1.7型で1200万画素の裏面照射型CMOSセンサーを搭載。
高性能な画像処理エンジン「TruePic VI」を採用する。
感度設定はISO100〜12800に対応。
連写撮影は約7コマ/秒となっている。
加えて、OLYMPUS PENシリーズから「FAST AF」も継承し、
「タッチAFシャッター」では、
タッチスクリーン画面をタッチするだけで、
被写体の位置に関わらず瞬時に撮影することが可能だ。


image-20131029152008.png

ファインダーは、
ミラーレス一眼「OM-D E-M5」と同等となる、
144万ドットの高精細なEVFを内蔵。
視野率は100%で、電子水準器とハイライト/シャドウ表示に対応する。
操作性では、
ハイブリッドコントロールリングやズームレバー、
カスタマイズ性の高い各種ボタン類などを装備する。
機能面では、Wi-Fi機能を内蔵し、
撮った写真を簡単にスマートフォンに転送することが可能。
動画撮影は1920×1080ドット/30p記録に対応する。
デジタルテレコン機能を搭載しており、
写真の中央部を2倍に拡大し、
高画質を保ったまま最大600mm F2.8相当の高倍率撮影が可能だ。

このほか、


image-20131029151946.png

電源オン・オフ時に自動で開閉する着脱式のレンズキャップ「LC-51A」が付属。
背面モニターは、タッチ操作対応の3.0型可動式液晶(約104万ドット)を搭載。
記録メディアは、SD/SDHC/SDXCカード(UHS-I対応)、Eye-Fiカードに対応。
バッテリー寿命は約410枚。
本体サイズは116.2(幅)×87(高さ)×56.5(奥行)mm(レンズキャップ含む)。
重量は約402g(充電池およびメモリーカード含む)。ボディカラーはブラック。
市場想定価格は70,000円前後。

posted by hekky at 15:23| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック