2013年10月30日

ASUS、Windows/Android OSをデュアルで搭載した3in1パソコン

これ、またいいなー(^^)
なかなか 面白いな

image-20131030000642.png



ASUSTeKは、
ノートパソコン、タブレット、デスクトップPCの
3つのスタイルで使える
「ASUS TransBook Trio(エイスース・トランスブック・トリオ) TX201LA」を発表。
11月2日より発売する。

「Windows 8」と「Android 4.2.2」の2つのOSを
ワンボタンで簡単に切り替えできる「ノートパソコンスタイル」、


image-20131030000721.png

ディスプレイを取り外してAndroidタブレットに早変わりする「タブレットスタイル」、
液晶ディスプレイやプロジェクター、大画面テレビに接続して
「Windows 8」を使用できる「デスクトップPCスタイル」の
3つのスタイルを1台に集約した3in1パソコン。
「PCステーション」(キーボード部)にWindows OSを、
「タブレット」にAndroid OSを搭載したデュアルOSを採用する。

「PCステーション」には、CPUに第4世代インテル「Core i7 4500U」と、
ストレージに500GB HDDを採用。
10点マルチタッチ対応の11.6型フルHD・IPS液晶搭載の「タブレット」は、
プロセッサーに「Atom Z2560」と、ストレージに16GB eMMCを採用。
それぞれCPUを搭載しており、
WindowsデスクトップPCとAndroidタブレット、
2台のデバイスとして同時使用も可能だ。



image-20131030000848.png

さらに、「PCステーション」には、
IEEE802.11ac対応の無線LAN、
大画面テレビや液晶ディスプレイにケーブル1本で接続できる
microHDMIやMini DisplayPortなどのインターフェースを装備。
「タブレット」には、
500万画素の背面カメラと92万画素の前面カメラなどを搭載する。
バッテリー駆動時間は、
「タブレットスタイル」が約5時間、
「ノートパソコンスタイル」のAndroid利用時が約13時間、
「デスクトップPCスタイル」が約5.6時間。
「タブレット」の本体サイズは304.92(幅)×9.7(高さ)×193.78(奥行)mmで、重量が約700g。
「PCステーション」の本体サイズは304.92(幅)×193.78(奥行)×13.4(高さ)mmで、重量が約1kg。「タブレット」+「PCステーション」の本体サイズは304.92(幅)×23.6(高さ)×193.78(奥行)mm、重量が約1.7kg。
ボディカラーはダークシルバー。
市場想定価格は139,800円。
posted by hekky at 00:11| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック