2012年09月11日

レボ・テクノロジーズ、NXTスピーカー塔載インターネットラジオプレーヤー

なかなか面白そうなプレーヤーだなぁ、
音質の方はどんなもんだろう
出たらききにいってこよーっと




レボ・テクノロジーズ、NXTスピーカー塔載インターネットラジオプレーヤー
2012年9月10日 21:00掲載



image-20120911183705.png



モダニティは、
レボ・テクノロジーズ製の卓上型インターネットラジオプレーヤー「AXIS(アクシス)」を発表。
9月15日より発売する。
インターネットラジオを、
Wi-Fiまたは有線LANで受信することが可能な
卓上型インターネットラジオプレーヤー。
インターネットラジオのほか、
パソコンからのWi-Fiストリーミング再生、
本体のiPhone・iPod用ドックコネクターを利用した
iPhone・iPod内の音楽・動画再生も楽しめる。

音質面では、1基のNXT方式フラットパネルスピーカーを採用。
スピーカーのパネル全体を振動させながら音源を放射し、
最適聴取範囲の広い自然な音場を形成することが可能。
さらに、総合8WのクラスDデジタルアンプと
アコースティックバスレフポートにより、
高音質で迫力のあるサウンドが楽しめる。

このほか、タッチパネル対応の3.5型カラー液晶を塔載し、
ボリュームやイコライザー調整などの基本操作が可能だ。

入力インターフェイスは、
AUX×1、iPhoneドックコネクター×1。

出力インターフェイスは、
ヘッドホン×1、コンポジット×1。

ネットワークは、有線LAN×1、EEE802.11b/g準拠無線LANとなる。

本体サイズは220(幅)×125(高さ)×150(奥行)mm、重量は1.3kg(本体のみ)。
ボディカラーは、グラファイトとホワイトの2色を用意する。


image-20120911183720.png


価格は29,900円。
posted by hekky at 18:40| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他AV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月08日

GEANEE、HDMI搭載TVなどで使えるスティック型のAndroid 4.0端末

GEANEE、HDMI搭載TVなどで使えるスティック型のAndroid 4.0端末
2012年8月1日 19:40掲載


image-20120808194420.png




GEANEEは、
スティック型のAndroid 4.0塔載端末「ADH-40」を発表。
8月10日より発売する。

製品情報 メーカーHP


image-20120808194452.png


USBメモリーと同等のコンパクトなボディにAndroid 4.0を搭載した端末。
HDMI出力に対応しており、
液晶テレビなどに接続してブラウジングやメール、
動画再生(最大1080P)を楽しめる。
また、操作は付属の無線マウスで行うほか、
ホスト対応のUSBポートも搭載しており、
USB接続対応のマウスやキーボードを接続して操作することも可能だ。

性能面では、プロセッサーに「TCC8925 CORTEX-A5(1GHz)」を、
メモリーに512MB DDR3を、ストレージに4GBのフラッシュメモリーを塔載。
無線LANはIEEE802.11b/g/nに準拠。
HDMI出力解像度は最大1920×1080ドットで、
アスペクト比は16:9に対応する(4:3は非対応)。

扱えるデータフォーマットは、
動画がMPEG1、MPEG2、MPEG4 SP、MPEG4 ASP、
MPEG4 AVC(H.264)、WMV、MKV、MOV、

静止画がJPEG、BMP、PNG、GIF、

音楽がMP3、AAC、WAV、WMA。


image-20120808194615.png


インターフェイスはUSB 2.0端子(ホスト用)、
microUSB端子(PC接続/給電用)、HDMI出力端子を装備。
本体サイズは85(幅)×25(高さ)×16(奥行)mm、重量は約24g。

市場想定価格は9,980円前後。

オンキョーのと値段は一緒。

違いはOSのバージョンかな、こっちは4.0だけどオンキョーのは2.3

ここらへん、どうみるかだなー

あと、リモコンかマウスか(笑)

それにmicroSDカードスロットを搭載しているかいないか

オンキョーにはあるが、これにはないのでそこら辺で好みの差がでるかもね


俺は手持ちのカード生かせるならオンキョーのがいいかなー
リモコンついてるし
posted by hekky at 19:54| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他AV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オンキヨー、液晶テレビでインターネットを楽しめるAndroid端末

オンキヨー、液晶テレビでインターネットを楽しめるAndroid端末
2012年8月8日 17:01掲載



image-20120808193819.png



オンキヨーは、
無線LANを内蔵したAndroid端末
「インターネット・スティック NT-A1」を発表。
本日より受注を開始し、8月下旬より発売する。

IEEE802.11b/g/n準拠の
無線LANを内蔵したスティック型のAndroid端末。
HDMI入力端子に本機を差し込むことで、
ネット機能のない液晶テレビなどでも、
インターネットの動画再生や検索が楽しめるようになる(インターネット環境が必要)。

本体には、記録媒体として4GBフラッシュメモリーを内蔵。
さらにmicro SDメモリーカードスロットも装備しているため、
デジタルカメラで撮影した動画や停止画などを手軽に再生できる。
このほか、USB 2.0ポートを装備しており、
USBハブを介してキーボード・マウスを装着することも可能だ。
テレビ感覚で各種操作が行えるワイヤレスリモコンも付属する。

プラットフォームは「Android 2.3」。
システムメモリーは512MB DDR2。
本体サイズは90.5(幅)×34(高さ)×15.5(奥行)mm、重量は約46g。
ACアダプター、USBケーブル(電源供給用)、HDMI延長アダプタケーブル、
赤外線リモコン、赤外線リモコン受信モジュール、マニュアルなどが付属する。

直販価格は9,980円。

この手の商品今結構多いんだねー

どんな使い勝手なんだろうねー
ちょっとお試しして見たい。

posted by hekky at 19:43| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他AV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月26日

ソニー、Music Unlimitedにも対応したブルーレイプレーヤー

ソニー、Music Unlimitedにも対応したブルーレイプレーヤー
2012年7月26日 14:05掲載


image-20120726200404.png





ソニーは、ブルーレイプレーヤーの新モデルとして、
「BDP-S590」と「BDP-S190」の2機種を発表。
「BDP-S590」を10月20日より、「BDP-S190」を9月1日より発売する。

いずれも、
高速ローディングやネットワーク機能を塔載したブルーレイプレーヤー。
動画視聴サービスは、
「YouTube」「Hulu」「DMM.TV」「U-NEXT」
「Video Unlimited」「Music Unlimited」「goo映画」などに対応。
また、USB端子を備えており、
USBメモリーに保存された動画・静止画・音楽ファイルの再生が可能だ。

■上位モデル「BDP-S590」
2011年9月に発売された「BDP-S480」後継機で、
従来のBlu-ray 3DやSACDの再生や、高速起動、高速ローディング、
ネットワークサービスに加えて、新たに無線LANを内蔵し、
「ソニールームリンク」機能(DLNA)に対応したのが特徴だ。
「ソニールームリンク」機能を利用することで、
ほかの部屋のブルーレイレコーダーで録画した番組をネットワーク経由で再生することができる。
また、同社のタブレット端末「Sony Tablet」内の
動画・静止画・音楽ファイルをネットワーク経由で本機に送信し、
テレビで再生することができる「Throw再生」に対応している。
さらに、スマートフォンを使った「Media Remote」機能も塔載。
AndroidまたはiPhoneに専用アプリをインストールし、
スマートフォンをリモコンとして使用できる。
このほか、BD、DVD、CDの関連情報を取得できる「Gracenote」にも対応する。
本体サイズは430(幅)×42(高さ)×199(奥行)mm、重量は約1.5kg。
市場想定価格は24,000円前後。

■エントリーモデル「BDP-S190」


image-20120726200556.png


2011年9月に発売された「BDP-S380」の後継にあたる、
Blu-ray 3D非対応のエントリーモデル。
本体サイズを小型したのが特徴で、
横幅は従来モデル「BDP-S380」の430mmから290mmへと小型化している。
このほか、高速起動や高速ローディングにも対応する。
本体サイズは290(幅)×43(高さ)×196(奥行)mm、重量は約1.1kg。
市場想定価格は15,000円前後。

まだAmazonには日本仕様のがないのね?




しかしなんだねー
プレーヤーでは 普通にPS3でいい気がする
(´Д` )って言ったら
元も子もないかw
posted by hekky at 20:13| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他AV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月02日

AVeL Link Player AV-LS500LE

avls500le.jpg

リサイクルショップで見つけた
5250円だったので
思わず手が出てしまった。
居間ではバッファローのリンクプレーヤーが大活躍中ですが


12dh94000007l6pt.jpg

寝室では KDL−40V3000に
PS3でつなげてみてましたが
HDDに入れたDVDが見れず


ウーン (Θ_Θ;)ともがいてましたが
MP4に変換したりして

で、このLS−500LEがあれば
ISOも見れるのでいいね!

なんて思ってたら

DVDメニューが見れなかった

_| ̄|○ ガクッ

バッファローのでは見れるのに・・・(〃_ _)σ‖

まぁ、本編は問題なく見れるので
ヨシとしとこうか

おまけにコンパクトなので
持ち運びも便利だし

DVDメニューも見れるように
アップデートしてくんないかな〜?


「写真」「動画」「音楽」をテレビで楽しめる
ネットワークメディアプレーヤーです。
AVCHDカメラで撮った思い出の動画や
写真がいっぱいつまったパソコンや
ハードディスクをリンクプレーヤーとつなげれば、
テレビの大画面でいつでも簡単に楽しめます。




中古だけどいい買い物した^^v

posted by hekky at 20:10| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他AV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月18日

ネットワーク機能も搭載した「X-SMC5」

iphone/image-20120218193639.png


【主な特長】

1) Bluetoothレジスタードマーク無線技術に対応し、
スマートフォンなどに保存した
音楽のワイヤレス再生が可能

スマートフォンをはじめとする携帯電話やDAP、
PCなどのBluetoothレジスタードマーク無線技術搭載機器に保存した
音楽をワイヤレスで再生できます。

さらに、無料アプリケーション「Pioneer Air Jam※4」を
対応スマートフォン端末にダウンロードして
本機とBluetoothレジスタードマーク無線技術を使って接続すれば、
各端末(最大4台まで)に保存している曲を、
Air Jamの一つのプレイリストに登録して再生できます。
また、プレイリストに登録した曲の履歴を使って、
YouTubeで関連動画を検索することもできます。

2) 充実したネットワーク機能を搭載 (X-SMC5のみ)

◆ AirPlay対応
iPhone/iPod touch/iPad、
およびPC/Mac内にあるiTunesライブラリの音楽コンテンツを、
Wi-Fiやイーサネット経由で
ストリーミング再生できるAirPlayに対応しています。
また、2.4インチのカラー液晶に
ストリーミング再生中の曲名、
アーティスト名、アルバム名や、
アルバムアートワークを表示できます。

◆ DLNA1.5準拠
DLNA1.5に準拠しており、ホームネットワーク内にある
PCやNAS(DLNA対応サーバー)に保存した音楽ファイルを、
Wi-Fiやイーサネット経由で再生することができます。
本機の付属リモコンで選曲などの操作(DMP)ができるほか、
コントローラーソフトをインストールしたスマートフォンなどを
DMC(デジタルメディアコントローラー)として使用し、
選曲などの操作(DMR)をすることもできます

◆ インターネットラジオ搭載
インターネットラジオのポータルサイト「vTuner」を使って、
世界中の放送局にアクセスし、
インターネットラジオを楽しむことができます。
また、パイオニア専用インターネットラジオサイトから
お気に入りの放送局を登録することができます。

3) DVD、CD、iPod/iPhone、USBメモリーをはじめ、多様なメディアに対応

CDやiPod/iPhone、USBメモリー、
FMラジオといった音楽メディアの再生のほか、
別売のHDMIレジスタードマークケーブルでTVと接続すれば、
DVDなどの映像をより高画質で楽しむことができます。
また、DivXレジスタードマークフォーマットにも対応しています。

4) スリムでスタイリッシュなデザイン

縦型CD/DVDスロットの採用により、
奥行き156mmのスリムでスタイリッシュなデザインを実現しています。
スリムな本体に、設置面積の小さなスタンドを採用することで、
当社従来機に比べて、およそ半分の奥行きのスペースに設置することができます。
また、ワンプッシュで本体に収納できるiPod/iPhoneドックを採用しています。

5) 高音質設計

最大出力40W(20W+20W)のアンプと、
パワフルな低音再生を可能にするパッシブラジエーターの搭載により、
迫力のある音を再生することができます。

6) その他

待機時、動作時ともに時間の表示が可能。
充電可能なiPod/iPhoneドック採用。

【主な仕様】

型番 X-SMC5-K
■アンプ部
実用最大出力 20W + 20W (8Ω、1kHz、JEITA)
入力端子 iPod/iPhone端子:1系統
音声入力端子(ステレオミニ):1系統
イーサネット端子:1系統 iPod/iPhone端子:1系統
音声入力端子(ステレオミニ):1系統
出力端子 映像端子(コンポジット):1系統
ヘッドホン端子(ステレオミニ):1系統
USB端子 1系統(Type A)
HDMI出力端子 1系統
FMチューナー 76.0MHz 〜 90.0MHz ( 100kHz ステップ)
電源電圧(ACアダプター) AC100V 〜 240V、50Hz / 60Hz (出力:DC19V、3.42A )
定格出力 DC19V、3.42A
消費電力 27W 25W
待機時消費電力 0.5W (時計表示オフ時)
16W (インターネットラジオ入力で「高速起動モード」オン時)
■スピーカー部
形式 位相反転式
フルレンジスピーカー 66mm コーン型
パッシブラジエーター 77mm コーン型
再生周波数帯域 60Hz 〜 20kHz
■外形寸法 520mm(W) × 218mm(H) × 156mm(D)
■本体質量 3.9 kg 3.7 kg
■付属品 リモコン、FM簡易アンテナ、ビデオケーブル、ACアダプター、電源コード
単4形乾電池(2本)、取扱説明書



これなんか 気に入ってるんだよね
ビクターのより安いし(笑)

実機見にきてないから
明日でも行って
色々いじってこよーっと♪(´ε` )



iphone/image-20120218193625.png








posted by hekky at 19:36| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他AV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月02日

D端子ケーブル

先日買った40フルハイにつなげるのに
探していたD端子

楽天で安いのみつけたのでゲットしたが
アマゾンでも安かったね〜^^



おかげで RGBケーブルでつなげていたのを
D2(480P)で見れるようになったので

保存しておいたDVD−RAMなども
綺麗にまたみれるようになった^^

DVD−RやRWなら  PS3でアップコンバートで
見れたのだが
RAMは非対応のディスクなので再生できない

まぁ、HDMIでつながれたレコーダで見れば
まだもう少しまともに見れるのだろうけど

というわけで

HDMIケーブルも 今めっちゃ
安くなってるのね!!(゜д゜)!!




数千円した あのときは
いったいなんだったのか・・・(;´Д`A ```

これでまた 寝ながら
過去のライブラリを見ることが増えそうだ^^

眠ってたDVD−RAM 海外ドラマ集
ばんざーい!ヽ(▽ ̄ )乂(  ̄▽)ノ ばんざーい!

今は スターゲイト アトランティス シーズン2をReWatch中
ヽ(´ー`)ノ
posted by hekky at 21:14| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他AV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月31日

SONY KDL−40V3000

kdl-40v3000.png

先日 ずっとリサイクルショップで
TVを見て歩いてたんだけど

なかなか 手ごろなのがなくて

32インチ SONYのKDL−32F1は ¥24800
これが いいところかな〜
なんて あちこち口コミやらレビューやらみてたんだけど

フルハイじゃないしな〜
なんて 衝動買いを抑えていたところ


別のリサイクルショップで

同じ2008年ので
40インチのフルハイビジョンがあったじゃないか!?

しかも 29800円

w( ̄o ̄)w オオー!

倍速が微妙な時期だが
どうかな〜とおもい

地デジでいいならというので
実際に映して見せてもらった



いんじゃね?40だし

と 即決してしまったよwww



特徴とスペック

■ソニールームリンクやブラビアリンクに対応。
 新しいテレビ生活を提案する、
 フルHD 10bitソニーパネル搭載、40V型<ブラビア>V3000シリーズ

■ライブカラークリエーション:色再現領域を拡大することで今までにない色の世界を実現

■「ライブカラークリエーション」では、
 新しい蛍光体の開発により色再現領域をNTSC比約102%、
 従来比約120%に拡大。従来のCCFL方式にはない色鮮やかさと微妙な色合いを再現します。

■今まで再現できなかった色彩を記録・再生する"x.v.Color"対応

■ハイビジョン放送(1080i)の解像度をそのまま再現できる
「フルHDパネル(水平1,920×垂直1,080画素)」を搭載。
より緻密でなめらかな映像を再現します。

■フルHDパネルにふさわしいきめ細かさ、奥行き感、
色鮮やかさを再現する高画質回路「ブラビアエンジンEX」

■業界最高水準の上下左右178度の視野角と
8msecのパネル応答速度を併せ持った
高性能・高品質液晶「ソニーパネル」が進化した高画質を実現します。

■液晶テレビ用「ソニーパネル」は2年保証

■映像の明るさを自動的に判別し、
バックライトおよびコントラストを最適に調整
「アドバンスト・コントラストエンハンサー」

■高画質回路の10bit処理を活かしきり、
当社従来比約64倍の階調を表現「10bitソニーパネル」

■写真の感動を大画面のフルHDテレビで楽しむ「ブラビア プレミアムフォト」

■映像信号「Deep Color」に対応したHDMI端子を搭載。
より情報量の多い映像信号を受信・処理できます

■<ブラビア>とHDMIケーブルで接続した対応機器をまとめて操作できる「ブラビアリンク」

■テレビを見ながら使えて、便利なもうひとつの小画面「アプリキャスト」機能搭載

■テレビをもっと楽しむためのサービス「アクトビラ」の動画配信サービスに対応。
サブウィンドウ動画機能で映像コンテンツを見られます

■ハイビジョン映像の美しさをさらに引き立てる「アートフレームデザイン」

■映画館のような音場をつくりだす「S-Force フロントサラウンド」

■スポーツを臨場感豊かに楽しめる新機能「ボイスズーム」

■パネル:40V型フルHDパネル

■有効画面サイズ(幅×高さ/対角):88.6×49.7/101.6cm

■解像度:水平1920×垂直1080画素

■視野角:上下左右178度

■画面輝度:450cd/m2 コントラスト比 1800:1

■チューナー:地上/BS/110度CSデジタル、地上アナログ(U/V)

■スピーカー:フルレンジ×2

■音声実用最大出力:11W+11W(JEITA)

■入出力端子:ビデオ入力端子×3、S2映像入力端子×1、D5映像入力端子×2、
HDMI入力端子×2、PC入力端子(D-SUB15ピン)、
デジタル放送出力端子(S1)×1、デジタル音声出力端子(光)×1、
LAN端子、ヘッドホン端子、電話回線端子

■消費電力:215W(待機時0.16W)

■年間消費電力量:190kWh/年

■外形寸法:幅99.2×高さ69.2×奥行き26.5cm(スタンドむ)

■質量:26.0kg


HDMI2つ ついてるのがいい^^

PS3と apple TVをつなげている

VIDEO1には DVDプレーヤー
VIDEO2には Wii
VIDEO3には PS2をつなげている

寝床のTVにしては 大きいほうだが
快適になった^^

で、TVのスピーカーはほんとしょぼい
(;´Д`A ```

こんなにしょぼいとは 困っちゃうね^^;

で、2.1chのスピーカーシステムにつなげて 枕元に
スピーカーもってきてみると

うん、なかなかよく化けたぞ(笑)


はじめは NX−TC40http://hekky2.seesaa.net/article/239996098.html

の Audio INにつなげてたんだけども

システム余っててもったいないから
つなげてみた^^

デスクトップ用のシステムだけど
まぁ、いろいろ活躍してるね〜^^


というわけで

なかなかいい買い物したかも♪


まぁ、 リコールかかった商品 http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=1013&f=business_1013_002.shtml

だけど

気にしな〜い(゚з゚)イインデネーノ?

(・ε・)キニシナイ!!(爆)

posted by hekky at 03:10| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他AV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

Apple TV

apple TV.jpg

かたちは小さく、楽しさはさらに大きく。
Apple TVが完全に生まれ変わりました。
テレビの前にいながら、
人気の映画をHD画質で直接レンタル。
DVDリリースと同時にレンタルできる作品も幅広くそろっています。
もう借りたり、返したり、の手間はいりません。
あなたのコンピュータに保存してある写真や音楽を、
リビングのワイドスクリーンテレビにストリーミングして、
みんなで楽しむこともできます。
楽しさ同様に魅力なのが、この価格。Apple TVは8,800円


apple TV1.jpg

いやぁ、ホント
実にキレイ
今までいろんなアイテム探して
試してみたけど ここまで簡単に
キレイにさいせいできるなんて

もっと 早く手を出せばよかったよ
(;´Д`A ```

でも、リモコン・・・

apple TV2.jpg

真ん中が決定ボタンなんだけど

文字入力してるとき
間違って押しちゃうことが多い

これは 慣れが必要なのか
なんか イラっとくるwww

あと 何が気に入ったかって
ラジオ!!

これはもう 最高

今 80’s チャンネル聞いて喜んでる

いいわぁ、もう(*´д`*)ハァハァ



posted by hekky at 00:55| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他AV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

東芝、4K2Kパネルを搭載した「REGZA 55X3」を発表 REGZA 55X3


REGZA 55X3.jpg

東芝は、デジタルハイビジョン液晶テレビ「REGZA」シリーズの新モデルとして、
フルHDの4倍の情報量を表示できる新開発の4K2Kパネルを採用した
55V型液晶テレビ「REGZA 55X3」を発表。12月中旬より発売する。

新モデルでは、液晶パネルに新開発の「4倍画素QFHDパネル」を採用。
フルHD(1920×1080)の4倍の約829万(3840×2160)画素
より緻密な高精細映像を実現している。
さらに、240分割された直下型LEDバックライトをきめ細かに制御することで、
深みのある陰影部と色鮮やかな光彩部の描写を実現している。

また、従来の超解像技術にカラーテクスチャー復元超解像技術を加えた
5つの超解像技術を駆使した「QFHD超解像技術」を新たに搭載。
デジタル放送やブルーレイディスクなどのフルHD相当の2D映像に
超解像処理を施すことで、4倍の画素数による精細感のある映像を実現している。

さらに、専用メガネを用いることなく
自然で見やすい3D映像の視聴を可能にする
「インテグラルイメージング(光線再生)方式」の3D表示に対応
2D映像や2視差の3D映像から
独自の映像処理技術で9つの映像(9視差映像)をリアルタイムに生成し、
液晶パネルからレンチキュラーシートを通して映し出すことで、
大画面グラスレス3D映像が楽しめる

音質面では、液晶パネル部の上下左右にスピーカーを配置し、
音が画面中央にフォーカスするセンターフォーカスサウンドシステムを搭載。
画面四角に配置したスピーカーで音像を画面のセンターにフォーカス(定位)することにより、
自然なサウンドを実現している。

録画機能は、地上デジタルチューナーを3基搭載し、
デジ番組を自由に視聴しながら
同時に2番組をUSB HDDに録画できる「地デジ見ながらW録」
を利用可能。
長時間録画機能も備えており、ASモード利用時で2TBのUSB HDDに最大約711時間録画できる。

ネットワーク機能では、
ネットワーク接続された
他の「REGZA」や「REGZAブルーレイ」、「REGZA Tablet」などと
組み合わせて自宅の好きな場所で好きな録画番組などを楽しめる
「レグザリンク・シェア」を搭載。
USB HDDに録画した番組を
ネットワーク経由で配信できる「サーバー機能」、
DTCP-IP対応のコンテンツサーバー機能を持つ「REGZAブルーレイ」などに
保存されているコンテンツを再生できる「プレーヤー機能」、
「レグザAppsコネクト」のアプリ「RZ見るナビ」をインストールした
スマートフォンやタブレットの操作で、
家庭内ネットワークに接続された「REGZAブルーレイ」に録画した番組を
視聴できる「レンダラー機能」などを利用可能だ。

REGZA 55X3b.jpg

このほか、「REGZA」付属のリモコンで
同社のパソコンや「REGZAブルーレイ」などの周辺機器を
操作できる「レグザリンク・コントローラー」や、
USB HDDなどに録画した番組を
「REGZAブルーレイ」やDTCP-IP対応サーバーに手軽にダビングできる
「レグザリンク・ダビング」なども備えている。

市場想定価格は90万円前後

ヽ(TдT)ノアーウ… 90まんて。。。。
posted by hekky at 10:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他AV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月29日

SONY ソニー ワイヤレスオーディオレシーバー DRC-BT60P


SONY ソニー
ワイヤレスオーディオレシーバー バイオレット DRC-BT60P

ポータブルオーディオや
携帯電話などの音楽をお持ちのヘッドホンでワイヤレスリスニング。
FMラジオとしても使えるワイヤレスオーディオレシーバー。

●携帯電話やポータブルオーディオプレーヤーをバッグなどに入れたまま、
 ワイヤレスで音楽をヘッドホン(別売)から再生(*1)
●さまざまなヘッドホンと接続できるステレオミニジャック(*2)
●FM放送を受信できるFMチューナー搭載
●音楽の再生・停止などの基本操作が可能なリモコン機能(*3)
●FMラジオのプリセット登録、着信電話番号、
 ペアリングや接続などが目で確認できる「有機ELディスプレイ」
●クリップとストラップ(*4)の2ウェイ装着スタイル
●携帯電話のハンズフリー通話に対応(*5)
●周囲の電波の影響による音切れが発生しにくい
 Bluetooth標準規格Ver.2.1+EDR(Enhanced Data Rate)
●高音質な通話を可能にする「ノイズサプレッション」&「エコーキャンセレーション」
●ワンセグ放送やゲームなどを楽しむ時に便利、映像と音声のずれを調整できる「ビデオモード」
●付属のUSBケーブルと接続して簡単充電

*1 音楽や音声送信側機器がBluetooth機能を搭載し、A2DPに対応している必要があります
*2 ステレオミニプラグ付きのヘッドホンのみ使用可能
*3 音楽や音声送信側機器がBluetooth機能を搭載し、AVRCPに対応している必要があります
*4 ストラップは別売です
*5 携帯電話がBluetooth機能を搭載し、HFPまたはHSPに対応している必要があります

機能表
基本仕様 通信方式 Bluetooth標準規格Ver.2.1+EDR
出力 Bluetooth標準規格Power Class2
最大通信距離 見通し距離約10m *3
使用周波数帯域 2.4GHz帯(2.4000GHz~2.4835GHz)
対応Bluetoothプロファイル *1 A2DP(Advanced Audio Distribution
Profile)、AVRCP(Audio Video Remote Control Profile)、HFP(Hands-free Profile)、HSP(Headset Profile)
対応コーデック *2 SBC *4
ヘッドセット
(レシーバー部) 型式 -
ドライバーユニット -
再生周波数帯域 -
伝送帯域(A2DP)
(44.1KHzサンプリング時) 20Hz~20,000Hz
ヘッドセット
(マイクロホン部) 型式 エレクトレットコンデンサー型
指向特性 全指向性
有効周波数帯域 100Hz~4,000Hz
ヘッドセット 電源 DC 3.7V : 内蔵リチウムイオン
充電式電池
充電時間 約3時間
電池持続時間 連続通信(音楽再生時間を含む):最大9時間
連続待ち受け:最大140時間
FMラジオ放送受信:最大9時間
質量 30g
リモコン機能 再生、一時停止、停止、曲送り、曲戻し
トランスミッター/アダプター 電源 -
充電時間 -
電池持続時間 -
音声入力 -
音声出力 -
大きさ
(幅×高さ×奥行) 約41mm x 41mm x 21mm
質量 -
*1 Bluetoothプロファイルとは、Bluetooth製品の特性ごとに機能を標準化したものです
*2 音声圧縮変換方式のこと
*3 通信距離は目安です。周囲環境により通信距離が変わる場合があります
*4 SBCとはSubband Codecの略

 

 


BT60とBT60Pの違いは
カラーバリエーションの違いらしい
BT60Pはブラック/ホワイト/バイオレット/レッドの4色。

DRC-BT60.jpg

BT60はブラック/ホワイトの2色


俺が持ってるのはBT30だけど
さすがに SH008についてるFMラジオは 聞けなかった
(´・ω・`)ショボーン

ワンセグは大丈夫なんだけどな
保存した自作EZムービーも聞けないし

BT60では聞けると おもしろいのにな

ステップアップするにはもってこいだが・・・

うーん ヨドでためしてこようかな?
(「・・)ドレドレ..

ほんとでも、 便利だわぁ
このレシーバー♪

BT60でかくて 邪魔だわというかたは
BT30でも 十分よ

まぁ、バッテリーのもちは 5〜6時間だけどね
(;´Д`A ```
posted by hekky at 13:30| 北海道 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | その他AV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月05日

audio-technica インナーイヤーヘッドホン ATH-CKS90

ath-cks90.jpg

このまえよどばしで
かなりの時間を費やし
今使用しているSONYのMDウォークマンの
ヘッドホンと聞き比べてみた

このSONYのやつかなりつかえるので
というか自分に合ってるので
気に入っているのだが

カナル式のも気になってたんだ
でもやはり完全に外と遮断されるので

方耳しか聞こえない自分としては
やはり不安に思う

音自体はさすがに ヽ(゚д゚)ノ ええじゃないか

低音もズンズンくるし
高音もシャカシャカすぎずクリアだ^^v

ただ・・・問題は

やはりソースかと

(;´Д`A ```

音楽ファイル自体の音質が悪いと
どんなにいいヘッドフォン使っても

(´・ω・`)ショボーンな音質なんだなと

当たり前ながら実感
PCに取り込んだ音楽ファイルは

手間ながらもWAV編集して
音量を調整するなりいろいろ
手を加えると満足感も高まると思う

自分は SoundEngine Free
を使って 音量を持ち上げ保存し
MP3にしたりしている
MP3も最低192kで保存している

まだいろいろ高音質にする手段はあるんだろうけど

それはまた 別の機会に検証しよう

今はプレーヤーの容量も大容量になってきているので
MP3などの圧縮音源じゃなく
WAVファイルで保存している人も多いと思うが

実際 USBなどの記憶媒体でWAVファイルを
CDよりも高音質!!!とうたって
販売しているのもみかけるし44Khzから48Khzという高音質のもの

iTunesとかでも48Khz設定できるけど
どれほど違いに気づけるかな
俺の耳(笑)

っていうか 容量使いすぎで(32ギガのipod touch)
48KhzのWAVだけで保存できないし
(;´▽`A``

今何気に思い立って
SoundEngine Free で 48Khz 24ビット 最高音質で
編集している
めっちゃ 時間かかる(;´Д`A ```

本当に大好きで 大好きな曲には
この音質で保存しておいてもいいかもね〜

時間と手間をかけて あとで
ニンマリしながら聴きましょう(笑)

audio-technica インナーイヤーヘッドホン ATH-CKS90

◆内容紹介

● 豊かな低域とクリアな中高域再生を両立する
デュアルチャンバーメカニズム搭載。
2つの空気室(チャンバー)を追加することで低音域を増幅。
クリアな中高域再生と合わせて、より深みのある表現を可能にします。
● 好みの装着感を選択できる2ポジションポストで高い遮音性を実現。
好みに合わせた装着が選べる イヤピースの2段階調整機構。
しっかりフィットして音漏れを防ぎ、かつ低域表現を向上させます。
● 新開発ATH-CKS90専用ドライバーにより繊細な音まで表現。

◇商品の説明◇

◆豊かな低域とクリアな中高域再生を両立する
デュアルチャンバーメカニズム搭載
2つの空気室(チャンバー)を追加することで低音域を増幅。
クリアな中高域再生と合わせて、より深みのある表現を可能にします。
◆好みの装着感を選択できる
2ポジションポストで高い遮音性を実現
好みに合わせた装着が選べるイヤーピースの2段階調整機構。
しっかりフィットして音漏れを防ぎ、かつ低域表現を向上させます。
◆新開発専用ドライバーにより繊細な音まで表現
デュアルチャンバーメカニズムを活かしきる専用ドライバーを新設計。
パワフルでありながら、繊細な表現までバランスよく再生することが出来ます。
◆からみにくい高弾性エラストマーシース1.2mコードと
使いやすいL型プラグ採用あらゆるシーンを想定し、
タフな使用に耐える高弾性のエラストマーシースコードを採用。
音の入り口には、L型プラグを採用しポータブル機器との接続も手軽に行えます。
◆持ち運びに便利な革製ポーチ付属マグネットボタンを採用した、
正方形フォルムの上質な革製ポーチを付属。
ヘッドホンとコードを手軽に収められるため持ち運びなどに大変便利です。
■ 仕 様 
型式:ダイナミック型ドライバー
口径:13mm
再生周波数帯域:5~25000Hz
最大入力:100mW
インピーダンス:16Ω
出力音圧レベル:106dB/mW
プラグ:φ3.5mm金メッキステレオミニ
(L型)コード:1.2m/Y型
質量:約9g(コード除く)
付属品:キャリングポーチ、イヤピース(XSSML) /







◆メーカー商品紹介ページ◆


インナーイヤーヘッドホン
ATH-CKS90 ¥12,600.(税抜 ¥12,000.)


最安価格(税込):\6,680 (2011年3月5日現在)

価格帯:\6,680〜\9,980
posted by hekky at 10:17| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他AV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月20日

SONY DRC-BT30

『Bluetooth』

最近ではすっかり
聞きなれてきた?かもしれませんが

実に便利です^^v

ワイヤレスでいろいろ
できるのですが

今回注目したのは
『携帯の音楽をワイヤレス聴く』

というものです。

自分のは auなんで
LISMOを使ってます

ドンキホーテで買った
携帯プレーヤも大活躍してるんですが
いかんせん 1ギガなんで
すぐ埋まっちゃうんですよね

その点
SH008に入れてるmicroSDは
8ギガなので
まぁ、余裕たっぷりです♪

自分で作ったEZムービー(PV集)やら
LISMOで音楽やら

携帯をフル活用して遊んでますが

ずっと気になってた
ワイヤレスできこう!
を今回実行しました^^v

プレーヤーを操作できる
レシーバということで
選んだのは

ソニーの『DRC-BT30』
¥5980(ヨドバシ

DRC-BT30.jpg

ネットだと大体
¥5000前後のようです




自分の好きなヘッドフォンを
使いたいから選んだんだ^^v

さて
まず買ってきたら
『ペアリング』という作業をして
携帯とつなげます

レシーバのペアリングボタンを押しながら
携帯のほうでBluetooth機器を検索し
認識されると完了

特に迷うことなくできると思う

本体の充電は
USBケーブルで行うようだ
2.5時間でフル充電されるようだが
あとは
本体の持ちがどの程度あるのか
一度フル充電時から試してみよう

ちなみに買ってきた直後でも
充電レベルは中だったので
すぐ使えた♪

あとは LISMOを起動し
曲を楽しむ♪

SH008にはサブモニタがついてるので
本体閉じても曲名とかわかる



こっちの機種だと
有機ELディスプレイから
曲タイトルも確認できるようですが
ボリュームコントロールが
指でなぞる方式らしく
いろいろ不満の声も高いようだ(苦笑
値段も倍近くする・・・あせあせ(飛び散る汗)
もし店頭でお試しできるなら
試してみたいもんだ・・・


そして
音量は 17段階で
必要十分な出力だ

もともとの楽曲も
WAV編集して音量を上げてあるので
こういった一手間を
かけてあげるのも後々快適になるので
いいかもグッド(上向き矢印)



クリップがついてるので
胸につけて
携帯はポケットやかばんに
いれたまま
曲を聞けるわけだ

ながら作業時には
もってこいのアイテムだなぁわーい(嬉しい顔)

で、このレシーバは
もちろん
ハンズフリーにも対応してるので
これまた便利♪るんるん


ただ 音楽再生時には
気にならない ノイズや音質も

ハンズフリー時には
どうしても
気になるらしいあせあせ(飛び散る汗)・・・が
そこは 音楽聞く用として
割り切ろう

両手ふさがってまで
長電話しないし(苦笑

でも、長距離運転中とか
便利そうだ

まだ その活躍シーンはないけど(笑

気になる有効範囲も

車の中に携帯を
置きっぱにしたまま
コンビニに入って買い物してても
バッチリ音楽は聴ける

今度は スーパーの中でも聞けるか
やってみよう(笑)

(このテストはあっさり終了
障害物にあっさり電波阻まれ断続しまくりでしたバッド(下向き矢印)


まぁ、10m圏内は有効範囲らしいから
まったく問題ないと思われる


ほかにも色んなタイプのワイヤレスヘッドフォン
Blurtoothヘッドフォンが
あるから
自分にあったものを
チョイスして
通勤・通学、レジャー、ウォーキングなどの
お供に加えてみてはいかがでしょうか
posted by hekky at 02:48| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他AV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

PCダーツ

darts20070626.jpg

エレクトリックダーツボードを
使っているが

はじめは 酒屋の景品から
スタートだった

趣味友の大臣が ダーツにハマっているということから
今年の初めに 一緒に行ったのが始まりで

じゃ、これ 景品でもらえるし
ちょっと店にもおこうかな?
ぐらいから 始まったのだが

やりはじめるうちに

どんどん ボードも グレードアップしていき
2台も買ってしまった(笑)

最初のは LED表示もなく
点数が 見づらかった

始めは そんなの どうでもよく
アタリさえすればよかったのだが
ルールもわかり 楽しさが増してくると
やはり 物足りなくなって

ドン・キホーテでも かおうかな?
とか 色々 みてたんだけど
結局 ネットで 探して買ったのだった



4人までプレイできる
LED表示のヤツ。
消音対策は キッチリやらないと
バンバン 結構 音しますあせあせ(飛び散る汗)
俺は 全然対策しなかったけど(苦笑)
しかも レンガの壁に アルミテープではっつけたし(爆)



そして 次に手に入れたのは

BLITZER BD-10 CYCLONE
というやつで

BLITZERBD10.jpg

結構気に入っている
これは 8人まで遊べて
コンピュータ対戦もできて
LEDも 当たったところに光ったりして
アレンジまで表示されたり
なかなか ニクいやつだ
でも、結構 音がうるさいのが難点かな?

PLよりも うるさくないけど・・・


トーナメント仕様なので 上記2機種ともに
フェニックスやライブなんかよりも
狭い せまい(苦笑)


で、自分ちじゃなく
職場に 置いてるので
あまり 自由がきかないw

まぁ、大抵 ラウンドワンにいって
投げてるんだけど

どうも、最近 低迷中で
思うように行かない

Bフラが まず第一の壁らしいが
みごとに つまづいている(苦笑)

で、ついにというか

とうとう 手を出してしまった
PCダーツあせあせ(飛び散る汗)

はじめTVダーツと悩んだが
どうせ買うなら PCにしとこよ
というわけで やっちまった〜〜〜ダッシュ(走り出すさま)



pc_darts.jpg


で、これを PCのモニタじゃなく
60のTVでみるために
先の HDMI 3mのケーブルを頼んだのでした(笑)

このPCダーツは 色々カスタマイズできるらしく

アワードのムービーを
フェニックス仕様にした

音も変えようと思ったんだけど
アワードムービーは手に入るけど
その他の音源は めんどくさくて 変えてないあせあせ(飛び散る汗)

ま、いっけど(苦笑)

BGMや 背景も自由に変えられるそうなので
すかさず 変えた。

うーん いいねぇ、
これで なんぼでも きままに
練習できるぜ〜

でも やっぱり オンライン対人対戦がしたいな〜

ま、これで家練しっかりして
それから ネット対戦でも やりにいこうっと(笑)


音は 思ってたよりは うるさくなく

加工しなくても できそうだ^^

ま、今 隣人がいないので
夜中でも 打ち放題だが(苦笑)

人が入居したら ちょっと
考えなきゃな〜






でも、このPCダーツ
結構 パソコンのスペック要求するソフトらしく

CPU100% 常にキープ(爆死)

どうにかなんないのかね〜w

なんか、このPCダーツのソフトを
ユーザーが 作っちゃったとかも
ググってたら でてきたので
それも 手に入れたが・・・
まだ やってない


ビスタに 4ギガのメモリ差し込んで
(でも実際は3ギガちょいしか発揮されてないw)

それでも まだ CPU おなか一杯になるらしく

ムービーアワードが カクカクするときがある(涙)

どんだけさ〜〜〜;;

やっぱり アレかい?
うちのPC
デュアルチャンネルなのに
1ギガ+1ギガ に +2ギガとかやってるから
メモリ 発揮されてないのかな?

やはり ちゃんと 
2ギガ+2ギガにしないと ダメなん?

バルクもん 使ってるけど
ちゃんと 動作してる

(-ω-;)ウーン
やはり ちゃんと してみようか〜

サクサクやりたいしな〜

というわけで

ダーツ ハマってます(´Д`) ハァハァ

ラベル:PCダーツ
posted by hekky at 00:13| | Comment(0) | TrackBack(0) | その他AV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月30日

PLANEX HDMI Ver.1.3規格カテゴリ2対応 ハイスピードHDMIケーブル



パソコンを TVに出力するために
HDMIケーブルを注文した。
長さは3m。

5mのも 安く売ってるのに
今更ながら気づいたが

そっちのが よかったかなぁ・・・
200円ちがいなら(苦笑)
(;´Д`A ```


プロジェクタ用に
もっと長いHDMIケーブルもあるけど
飛躍的に 値段が上がるんだよね
それに 高品質なのもあるのだろうケド

すげ〜( ゚Д゚)ウマーよ
でも、 このクラス(2000円前後)のHDMIケーブルでも
全然 問題ないし 綺麗なもんだけどネ

かねかけてったら
キリないからな〜 果てしなく 上があるし(苦笑)

でも安くなったよなぁ ケーブルも

そのうち 100均とかでも
売り始めたりして

ってか もう売ってたりすんのかな?!

さておき

以前の記事で
ひらめき2008年11月20日
PLANEX 4ポートHDMIセレクタ HDMI-SW04P 追記レビュー


4ポートあったセレクタも
AVアンプを導入したお陰で
陰を潜めていたが

残り2ポートあいてるので
そのうちの ひとつを 使うのだ^^

で、
なにをするのかって?

最近 ダーツにハマっててね・・・

ついに・・・exclamation&question

ゲットしてしまったのだよ・・・アレを・・・

それについては このあとでw
posted by hekky at 20:22| | Comment(0) | TrackBack(0) | その他AV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

録画モードについて

最近 CATVのSTB(JC−5100)から
iLINKを使って
各レコーダ(HD−22,BW750)へ
録画していますが

iLINKで録画されたものは DRになってるのですが

DRのものは 容量を食うので レート変換しなくては

思い込んでました。

確かに HD放送のものは 8ギガとかのものが
HEくらいに 落としてやると 5ギガくらいになるので
節約になるのですが

問題は SD放送のもの。

これも 何も考えず DRから 5倍やHEに
落とさねばと 思い込んでたら

違った!!(゜д゜)!!

逆に レート変換したら 容量増えたりした^^;

なので 4:3 525iの
SD放送は
DRのまま ブルーレイに焼くことにした

はぁ・・・そうかぁ そんな風になってたのかぁ

ま、DRのままなら 高速ダビングが
威力を発揮するし
いいことたくさんなんだけどね


ちなみに SD放送か HD放送かは
番組表で確認するしかない

一旦 HDDに録画されちゃうと
わかんなくなるんだな〜

4:3のものは わかるけど
問題は 16:9の SDワイド放送のもの^^;

パナなら 詳細ダビングとかで
容量がわかるので 判断しやすいけど

シャープでは 大まかな 容量バーでしか
判別できないからなぁ・・・


ま、さておき いままでDVDにしか
焼けなかった CATV 専門チャンネルが

ブルーレイにも焼けるようになったのが
実に嬉しい

HD放送の海外ドラマ 60分もの 10話はいるので(HE)
キレイなまま長時間残したいという
ブルーレイの目的は しっかり果たされていますネ^^


でも、最近
HD−22の電源入れっぱなしだったので
iLINK録画が正常にされなくなってきたのが
悲しい

ので 今日は 電源をきってきた。

なんせ 電源常時ONにしとかないと
iLINK録画ができないのが シャープHD−22の欠点あせあせ(飛び散る汗)


パナソニックなら 
電源OFFからでも 立ち上がって(クイック起動ON時)
録画し 電源OFFにしてくれるんだけど


シャープも クイック起動ON にしたらできるかな?

あとで やってみよう。

posted by hekky at 00:05| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他AV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

J:COMアナログからデジタルへ

ようやく 決心がついて
アナログからデジタルへの移行に踏み切った!

今までは アナログ契約で 
2台目としてデジタルコンパクトを月500円で入れていた

HDR+にしようか 随分迷ったけど

HD−22とのiLINKの相性が
非常に良くて 動作確認も出来てるので

まだ安い方で様子見ということで
いってみた^^

HDD250ギガでWチューナー

iLINKは2系統ついているので

シャープHD−22とパナソニックBW750につなげてある

それぞれ動作確認済み

いままで使ってた JC−4100(HDD・iLINK非搭載)と
基本的には使い勝手は似たようなもんなので
特に困ることなく 操作できた^^

デジタルコンパクトでは見られなかった
釣りビジョンや ムービープラスHD
その他 専門チャンネルのハイビジョン画質のチャンネルも
見られるようになったし

BSハイビジョンも 今度からブルーレイ化できるし

出費は 今までよりも1000円ちょっと増えることになったが

それに値する活躍が期待できそうだ^^


うーん 楽しみ〜るんるん

早速 今日 ムービープラスHDの映画色々予約してきた(笑)

iLINKで繋がってるとき めちゃめちゃ綺麗ぴかぴか(新しい)

でも、通常 視聴するときは 赤白黄色のピンコードで
アナログ接続のライン入力なため

クッキリハッキリではなく 綺麗だけど
ぼや〜としてるかんじあせあせ(飛び散る汗)

でも、SD画質の4:3のほかのチャンネルよりは
綺麗だけど・・・ネグッド(上向き矢印)


さって 今までBSの番組表なんかチェックしたことなかったけど

今度から しっかりチェックしなきゃ(笑)
わーい(嬉しい顔)


これから SuperDramaTV!やAXNも
HD化していくので 大好きな海外ドラマも
ブルーレイで高画質に楽しめるひらめき
よかったよかった〜


さて次は HD−22と BW750とのやりとりについて
個別に レビューしてみる^^
posted by hekky at 18:41| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他AV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

ポータブルDVDプレーヤーLX89

◆メーカーHP◆

LX89.jpg


信号形式:NTSC
液晶ディスプレイ:8.5型 α-Si TFTワイド液晶モニター
再生可能ディスク:DVD-RAM/-R/-RW/+R/+RW/-Video、
           音楽用CD、CD-R/RW
テレビ受信チャンネル:地上デジタル放送
 1セグメント部分受信サービス(ワンセグ):UHF 13〜62ch
※データ放送、緊急警報放送の受信には非対応
コンポジット映像出力/入力:出力/入力レベル=1Vp-p(75Ω)、
        出力/入力端子=ミニジャック、端子数=1系統(入出力切換式)
映像出力特性:水平解像度/500本以上、映像S/N比/60dB以上
ヘッドホン出力:出力端子/ステレオミニジャック、端子数/2系統
音声出力/入力:出力/入力レベル=1.5Vrms(1kHz、0dB、10kΩ)、
出力/入力端子=ステレオミニジャック、
端子数=ステレオ1系統(入出力切換式)
電源:DC12V(DC IN端子)/DC7.2V(バッテリー端子)
バッテリーパック:電圧7.2V、容量4500mAh(リチウムイオン)
外形寸法:幅242.6×奥行173.5×高さ46.0(最薄部23.9)mm(バッテリー、突起物を含まず)
質量:約925g(バッテリーパック含まず)

●エリア別チャンネルリスト機能搭載で、
 ワンセグ放送を手軽に楽しめる
ワンセグチューナー/アンテナを内蔵し、
「エリア別チャンネルリスト機能」を搭載。
地域を選択するだけで簡単に選局が可能になり
手軽にワンセグ放送を楽しめます。
さらに、ワンセグ放送の表示サイズも切り替えられます。

●ディーガでデジタル放送を録画したディスクも楽しめる
市販の映画ソフトはもちろん、DVDマルチ再生対応(AVCREC方式で録画したディスクは再生できません。)なので、
ディーガでデジタル放送を録画したDVDも楽しめます。

●音楽やデジカメ写真が楽しめるSDカードスロット搭載
SDオーディオ再生。
ディーガやディードックでSDカードに録音した音楽を、
お部屋やアウトドアなど好きな場所で再生できます。
デジカメ写真再生。
撮影したばかりのデジカメ写真をその場で家族みんなで楽しめます。



SD−AUDIOは楽しめるけど

ワンセグ持ち出しは SDカードではダmなのかな〜?

まぁ、ディスクに焼いたほうが キレイだしな^^;
posted by hekky at 00:45| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他AV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

ポータブルワンセグテレビ SV−ME700

SV-ME700.jpg

◆お風呂でワンセグが楽しめる
5V型のワイド液晶で、
ドラマや映画をワンセグ放送で楽しめます。

◆高コントラスト・メリハリのある映像を再現
シーンに合わせて
バックライトの明るさを自動調整します。

◆お気に入りの音楽を再生
付属のパソコンソフト「SD-Jukebox Ver.6.95」や
ミニコンポ(D-dock)・ディーガなどで
SDカードに録音した音楽を聴くことができます。

◆ディーガの録画番組をSDカードで持ち出せる
録画したワンセグ放送の番組を、
SDカードに転送してビエラ・ワンセグで楽しめます。

◆思い出の写真をデジタルフォトフレームとして楽しめる
ルミックスなどで撮った写真を、
スライドショーで見ることができます。
さらに、音楽を聴きながらの再生も楽しめます。

商品スペック
商品仕様 カラー:ホワイト
消費電力:2W
充電時間(温度25℃で充電時)
・通常充電:約4時間30分
・エコ充電:約3時間
充電は周囲温度5℃〜35℃で行って下さい。
推奨動作温度:0℃〜40℃
液晶ディスプレイ(アスペクト比16:9)
 :5V型(画素数/横480×縦272)
画面寸法:幅110.7mm、縦62.4mm、対角127.1mm
スピーカー:280mW+280mW(8Ω)
ヘッドホン端子:3.0mW+3.0mW(16Ω時)、
 φ3.5mmステレオミニジャック
USB端子:USB2.0(High Speed)
外部アンテナ端子:φ3.5mmミニジャック
本体寸法:幅166×高さ90.2×奥行き15.7mm(突起部除く)
質量:約257g
防水:保護等級:IPX6/IPX7相当
対応記録メディア:SDメモリーカード(8MB〜2GB)
 SDHCメモリーカード(4GB〜32GBまで)
付属品:ACアダプター、USB接続ケーブル、
 CD-ROM(SD-Jukebox Ver6.95)





これは録画機能のついてないタイプので
見てきたのは 録画可能な750の方だった。
試しに ワンセグ持ち出しを保存した microSD2GBを
みさせてもらった。

画面は ディーガと変わらないので
使い勝手はそのまま。

でも、ワンセグの受信感度は 他のものに比べれば
いいほうだけど やっぱり イマイチらしい。


もちろんディーガ推奨なだけあって
SD−AUDIOも ワンセグもちだしも 
問題なく見れる(みれなきゃ困るけどw

いちお MP3やWMAにも対応しているらしい


とりあえず あんだけ ワンセグ持ち出し〜
って 騒いだけど


落ち着きました(苦笑)


その代わり ディーガにCD焼きまくってます^^

いいわぁ、 ディーガMUSIC BOX(笑)

posted by hekky at 23:25| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他AV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

ブルーレイプレーヤーを一通り試してきた

早速 
シャープ HD22で録画した 
BD−RE(地デジ3倍、5倍、外部入力SXP)をもって
ヨドにでかけていった

(以下価格は3月8日現在)

それぞれ みた限りでは

◆LG BD370・・・¥32,800




・・・Youtubeが見れたりするので 期待していたんだけど
問題なく AVCRECは再生できるけど

番組のタイトル表示が文字化けして 

何がなんだかさっぱりわからないものにあせあせ(飛び散る汗)

次のタイトルに飛ばすのに いちいち
メニューに戻らねばならず
メニュー画面からまたタイトルを選びなおすのだが

文字化けしてるので 本編再生して選ばないとならない
再生には問題ないだけに 非常に残念。

ディスクの読み取りは30秒を少し切るくらい。


◆ソニー BDP−S350・・・¥39,800




・・・ディスクの読み取りに 少し時間がかかり
なおかつ シャープで録ったREだからなのか
一度 電源が落ちて 再起動がかかったあせあせ(飛び散る汗)

その後30秒くらいで 読み取れた

番組タイトルもしっかり日本語で表示され
チャンネル局名も 明記された

実に見やすいタイトル画面だ
メニューも クロスバーなので 使いやすい。



◆シャープ BD−HP21・・・¥39,800




・・・ディスクの読み取りに一番時間がかかった
といっても 40秒くらいだけど。

メニューも レコーダと同じく
1ページに6話くらいのサムネイルで表示され
本編がそれぞれプレビュー再生する

番組名も表示されるが チャンネル局名は表示されなかった。


◆BLUEDOT BBDP−10・・・¥34,800




・・・ これは シャープで録画したREを読み込めず
吐き出してくれた
バッド(下向き矢印)

無念 _| ̄|○ ガクッ



◆アイ・テック BDX−701・・・¥27,800



・・・ これも 一度ディスクを吐き出し再起動かかり
また読み込むが 再生できた。

しかし 番組タイトルは表示されず
タイトル1 タイトル2のように 表示される。

とりあえず 再生できた。



以上のように 価格で判断すると 実に微妙だ。
自分の使ってるディスクがきちんと再生できるか
確かめてから ネットや店頭で買うほうがいいだろう。


これら 3万円台前後の5機種の中で
やはり ソニーがメニューなどの 親切でわかりやすかったかな
チャンネル局名まで表示されるとは 恐れ入った(笑)

画質は どれも 変わらない。
DVDも RAMを持っていったのが失敗で
どの機種も対応していなかった

なので DVDのアプコンを試せなかったのが ドジだった(涙)


価格も PS3と変わらないような値段なので

PS3を選ぶか
それとも 
Dolby True HDなどにちゃんと対応している
これらブルーレイプレーヤを選ぶかは

悩むところだ。 
7.1chの環境が整っているならばいいが

べ〜つに 5.1chでいいよ〜というなら
PS3も選択するに十分の価値がある。


あぶなく また 衝動買い するとこだったが

思いとどまってよかった(爆)

(´▽`) ホッ

やっぱ レコーダかおうw

次はディスク上でも編集できるのが欲しいね〜♪

でも、ソニーとシャープだと 相性がいまいちみたいだが・・・たらーっ(汗)



ま、そんな感じで PS3の値段下がるの
まつかな(笑)
posted by hekky at 23:50| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他AV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする