2013年10月29日

オリンパス、全域F2.8で光学10.7倍ズームの最上位デジカメ「STYLUS 1」

やばいーヤバイよコレヽ(´o`;
デジタルズーム600mm相当f値2.8ってのも
いいなぁ

だいたいコレ一つで こと足りちゃうじゃん


image-20131029151700.png



オリンパスイメージングは、
コンパクトデジタルカメラ
「OLYMPUS STYLUS(スタイラス)」シリーズの最上位モデルとして、
「STYLUS 1(ワン)」を発表。11月下旬より発売する。
新開発のi.ZUIKO DIGITALレンズを搭載し、
小型化と、高画質・全域での明るさ・高倍率を両立した
コンパクトデジタルカメラの最上位モデル。

35mm判換算で
28mmから300mmまでの光学10.7倍の焦点距離をカバーしながら、
開放F値は全域でF2.8という明るさを実現。
ズーム全域で明るいレンズにより、
マクロ撮影から望遠撮影まで、
さまざまなシーンで高画質な撮影とボケ味を楽しめる。
また、高倍率ズームで問題となる各種の収差を、
ズーム全域にわたってほぼ完璧に補正しているという。
手ブレ補正には、レンズシフト式手振れ補正機能を採用する。
撮像素子には、
1/1.7型で1200万画素の裏面照射型CMOSセンサーを搭載。
高性能な画像処理エンジン「TruePic VI」を採用する。
感度設定はISO100〜12800に対応。
連写撮影は約7コマ/秒となっている。
加えて、OLYMPUS PENシリーズから「FAST AF」も継承し、
「タッチAFシャッター」では、
タッチスクリーン画面をタッチするだけで、
被写体の位置に関わらず瞬時に撮影することが可能だ。


image-20131029152008.png

ファインダーは、
ミラーレス一眼「OM-D E-M5」と同等となる、
144万ドットの高精細なEVFを内蔵。
視野率は100%で、電子水準器とハイライト/シャドウ表示に対応する。
操作性では、
ハイブリッドコントロールリングやズームレバー、
カスタマイズ性の高い各種ボタン類などを装備する。
機能面では、Wi-Fi機能を内蔵し、
撮った写真を簡単にスマートフォンに転送することが可能。
動画撮影は1920×1080ドット/30p記録に対応する。
デジタルテレコン機能を搭載しており、
写真の中央部を2倍に拡大し、
高画質を保ったまま最大600mm F2.8相当の高倍率撮影が可能だ。

このほか、


image-20131029151946.png

電源オン・オフ時に自動で開閉する着脱式のレンズキャップ「LC-51A」が付属。
背面モニターは、タッチ操作対応の3.0型可動式液晶(約104万ドット)を搭載。
記録メディアは、SD/SDHC/SDXCカード(UHS-I対応)、Eye-Fiカードに対応。
バッテリー寿命は約410枚。
本体サイズは116.2(幅)×87(高さ)×56.5(奥行)mm(レンズキャップ含む)。
重量は約402g(充電池およびメモリーカード含む)。ボディカラーはブラック。
市場想定価格は70,000円前後。

posted by hekky at 15:23| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月27日

LX7とP510マクロ比較

先日購入したLX7を

少々 照明を落としてる室内で
1、LX7(パナ)
2、P510(ニコン)

を使って試し撮り。

手持ち
ISOオート上限400、またはオート上限800
AFマクロ
ホワイトバランス オート

@ 
P1030084.JPG
これは16:9の画像

次に3:2の画像
P1030085.JPG

そして ISOオート上限800の画像
P1030095.JPG

やはり800になると ザラッと感が目立ってくる
場面によっては まだ許容範囲内か?


次に AP510
DSCN4011.JPG
こちらは400だが 少しブレる^^;

DSCN4009.JPG
ISO800 多少ブレも少なくなった?
800だけど こっちの方は ぜんぜん許容範囲OK!

ホワトバランスオートだけど
全然色 違うよね〜

照明が黄色い照明なだけに
がんばって元の色を再現しているのは
P510のほうか?

ちなみに
iPhone5 

写真 (48).JPG

ISO3200 ^^;

さすがにザラっと感 満載(苦笑)


どっちが楽?と聞かれると
LX7のが楽だったかな?
P510だと 色はだいぶがんばれるんだけど
かなり手振れに気をつけないと
手持ちはキツかった

D40にいたっては
タムロンのF2.8通しの B005をつかったけど
まだまだ俺の腕では ブレブレ(;´Д`A ```

1.8G 使ったらまた違うんだろうけど
レンズ忘れてきたので比較できなかった^^
また今度つけてやってみます



とういうわけで
たいした比較ではないけど
明るいレンズのLX7
楽チンということで^^

はぁ、天気のいい明るいところで
花とかマクロとりたいな〜
LX7最高にきれいだろうな〜♪

posted by hekky at 01:08| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月25日

DMC-LX7

1年越しでずいぶん悩んだLX7

とうとう・・・

とうとう Getしてしまった(;´Д`A ```

lx7a.jpg

黒。

ヨドバシにて
前に29800円にしてもらったことがあるんだけど
そのときは買わなくて 次回にしたんだけど
今日もそれにしてくれたら 買うよ!

と。

表示価格 ¥35800

ポイント13%

しかしどうがんばっても
2000円引きの ¥33800
という、
オマケに 残り1台なんです・・・^^;



むむむ・・・(-""-;)ムム・・・
そういう作戦にきたかw

で、結局ポイント入れたら 29800円より安くなるし
手を打ったw
もう一声ほしかったけどね〜
lx7b.jpg

白は在庫がなく 取り寄せ・・・まぁ、特に
色にこだわりはなかったので
即決しましたが

これで、D40と、P510と、LX7の3台体制が
完成しました
FZ150もあるけど
これはこれで また活躍する機会もあるかと^^

lx7c.jpg

iPhone5 のカメラもあるし

常にもって歩く カメラとして
iPhone5 では 厳しいときにLX7活躍させよう

メーカーサイト

「持つよろこび」 と 「撮るたのしさ」

存分に味わうとしよう!ヽ(´ー`)ノ




ラベル:Panasonic DMC-LX7
posted by hekky at 23:28| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月09日

パナソニックLUMIX DMC-GF5


image-20131009220626.png

キタムラの中古で見つけた
激安ボディ

でも、色々考えてるうちに

やっぱりどうしても LX7の存在が忘れられない

D40もあるし、
やはり ミラーレス機よりも、手軽な
LX7の方が持って歩きやすいだろうなと。


GF5はボディのみなので
のちのちレンズも買わなければならない
12000円くらいのものだがレンズいれると
LX7買えちゃうんだよね(´Д` )

というわけで
もうひとつ、オリンパスのE-P2
というのもチェックして見た。



ちなみに中古で21000円

ま、結局はどっちもキャンセルして
LX7でもう少し悩みますってことにしたんだけども。

でも、さらに、その後ろに
D7000が ひかえてるんだよねー

いやぁ、キリがないw


で、キャンセルしたGF5は

すでに誰かが購入した模様
そりゃそうだ、あれだけの安値ならねー
状態もすっごく良かったし
でも、出番が少なくなるかもしれないのに
ただ安いからって手を出すのもどうかなーってね(´Д` )










小型・軽量 街へ一緒にでかけたくなる、コンパクトなミラーレス一眼
デジタル一眼ならではの高画質や高い機能性はそのままに、
ボディとレンズを徹底的に小型・軽量化。
近所の散歩、荷物がかさばる旅行でも気軽に持ち歩いて、
楽しい思い出が撮影できる。



image-20131009221406.png


コンパクトボディにフラッシュを内蔵
室内や暗い場所で被写体も背景もしっかり撮影したいときなど、
フラッシュを使用することで被写体も背景もくっきり撮影が可能。
さらに、シャッター速度が速くなるので手ブレをおさえて撮影できる。



新開発1210万画素 高画質
 Live MOSセンサー緻密なディテールや微妙な色彩まで忠実に記録する
有効画素数1210万画素 Live MOSセンサーを搭載。
優れた解像力・描写力・色再現力による「質感描写」に
こだわった高品位な写真画質を実現。
また、高感度撮影時に起こりやすいノイズを低減し、
黒つぶれを抑えた高い階調性を実現。
高い解像力と合わせ、撮影の難しいシーンもくっきりと、
見たままの美しさで高精細に残せる。


ヴィーナスエンジンより美しく、なめらかに。
そして高速、省電力
ノイズを抑えた高画質と高速での画像処理を両立する
ルミックス独自の「ヴィーナスエンジン」を搭載。


高感度撮影 最高感度ISO12800※。
ノイズの発生を抑え、暗いシーンでも被写体をクリアにとらえる
新開発の高画質Live MOSセンサーと、
画像処理性能が大きく向上したヴィーナスエンジンにより、
最高感度ISO12800※まで増感することに成功。
また、ノイズを抑えながら立体感を表現する「3DNR」などにより、
高感度撮影でも低ノイズなヌケの良い描写が可能になった。
※ [拡張ISO感度]を設定時に変更できます。


image-20131009221731.png


ライブビュー液晶 仕上がりイメージを確認しながら撮影できる
3.0型(アスペクト比3:2)
約92万ドットの高精細広視野角タッチパネル液晶を搭載。
設定も撮影もタッチで操作できる。
また、ナナメからでも見やすい広視野角液晶なので、
フレーミングの難しいシーンも楽な姿勢で撮影できる。


タッチパネル&コントロールダイヤル 
タッチだから感性をそのまま表現できる
一眼をもつのが初めての方にもすぐに操作ができるよう、
コンパクトカメラでも採用している、タッチパネルを搭載。
また、すばやい設定が可能なコントロールダイヤルも搭載。
タッチパネルとコントロールダイヤルを同じ面に配置することで、
シームレスな操作感を実現している。



ボケ味コントロール機能 一眼らしいボケ効果が、タッチで思い通りに出せる
「ボケ味コントロール機能」は、
タッチ操作だけで思い通りに一眼ならではの
美しいボケ味を調節できる機能。
ボケ味コントロール機能ボタンを最初にタッチし、スライドバーを表示。
スライドバーのカーソルにタッチして
左右になぞるだけで、背景のボケ具合を調節可能。
さらにタッチタブエリアのシャッターボタンを押せば
そのボケ味のまま撮影することができる。
自分でレンズの絞りを操作しなくても、
一眼ならではの美しいボケ味を得ることができる。


高速約0.09秒AF※動き回る被写体の一瞬を、逃さず狙える
Live MOSセンサーの出力の高速化と、
エンジンの処理能力の向上により、
合焦検知スピードの高速化に成功。
また、レンズ駆動のスピードを高速化することで、約0.09秒※という高速AFを実現。撮りたい一瞬を逃さない。
※ GF5X付属および、別売の14-42mm電動ズームレンズ装着時。
●すべての環境下での効果を保証するものではありません。


シーンガイド おしゃれな写真の撮り方をカメラが教えてくれる
一眼カメラを使いこなした人にとってはかんたんな設定や表現も、
一眼カメラ初心者にとっては難しいもの。
GF5のシーンガイドなら雑誌や写真集を見るように、
表現したい写真を選ぶだけで設定できる。
選べる効果は全23種類。
掲載している写真は、全てプロカメラマンが撮影している。
また、
設定画面では効果の前後写真を表示し、効果をわかりやすく説明。
さらに、撮影で役立つワンポイントやステップアップ、
おすすめレンズのアドバイスも教えてくれるので、
撮影しながら写真の知識も身につけられる。

●シーンガイドモードの「水面をキラキラ撮る」/「イルミネーションをキラキラ撮る」/「花をふんわり撮る」では、動画撮影はできません。

クリエイティブコントロール 
14種類のフィルター効果から“好み”の作風で撮影が楽しめる
好みの色合いに応じた表現が楽しめるクリエイティブコントロールなら、
自分らしい写真表現ができる。
選べる効果は全14種類。
強調したい色を1色だけ残しそれ以外を白黒にする「ワンポイントカラー」や、イルミネーションなどの光を十字状に光らせることで、より華やかに演出できる「クロスフィルター」など。
液晶モニターで効果を確認しながら、新しい映像表現を手に入れられる。



1080/60i記録 AVCHD フルハイビジョン動画声やしぐさまで、
一眼画質のフルハイビジョン動画でキレイに残す
1920×1080(60i記録、センサー出力30コマ/秒)の
フルハイビジョン画質で動画を記録できる。
AVCHDは高い圧縮率での保存が可能。
より小さなデータ量で記録でき、長時間の撮影が可能。
また、1280×720(60p記録、センサー出力30コマ/秒)の
ハイビジョン画質での撮影も可能。
気軽に持ち歩ける小型サイズなので、
ふとみつけたかわいい街の景色や、記念日やイベントシーンを、
一眼ならではの美しさで残せる。


MP4動画撮影 自宅のパソコンでの編集・保存に便利
動画撮影はパソコンでの再生や編集、メールへ添付、
インターネットへのアップロードに適したMP4モードも選ぶ。
撮影中は液晶画面上に、どちらのモードで撮っているかが一目で分かるアイコンを表示。


posted by hekky at 22:24| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月03日

富士フイルム、バリアングル液晶採用の光学42倍ズーム「FinePix HS50EXR」

キタムラで触ってきた( ´ ▽ ` )ノ
いいわ、これ。
手動ズームが実にいいし、

AFもばしばしキマる!
たのしー。
新しいP520も触ったけど全然感動ないw

まだP510のがいい。

ってか、ほんとFZ200と悩むわぁこれ
これから買う人は

動くものに強いFZ200か
パパッと42倍ズームを取るか
狙う被写体で判断?
うーん、どっちがいいかなー?(´Д` )


2013年1月30日 19:30掲載


image-20130303033315.png


富士フイルムは、
デジタルカメラ「FinePix」シリーズより、
バリアングル液晶を採用した
光学42倍ズームレンズ搭載の「FinePix HS50EXR」を発表。
2月23日より発売する。

独自の撮像面位相差AFにより、
0.05秒の高速AFを実現した
光学42倍ズームレンズ搭載の高倍率モデル。
2013年1月30日現在、0.05秒のAFは世界最速という。
有効画素数1600万画素の新開発「EXR CMOS II」センサーと、
同社従来製品比で処理速度を2倍以上に高めた
画像処理エンジン「EXRプロセッサーII」を搭載し、
0.5秒の起動時間、0.5秒の撮影間隔、
最速11コマ/秒(最大記録枚数5枚、フル画素時)の連写撮影を実現。
撮影感度はISO100〜12800(標準出力感度)。
開放絞り値はF2.8〜F5.6となっている。


image-20130303033637.png


また、
レンズは35mm判換算で
24mm〜1000mmの焦点距離をカバーする
フジノン光学式42倍ズームレンズを搭載。
最短撮影距離が1cmのマクロ撮影にも対応している。
レンズシフト式手ブレ補正機能を備えており、
高倍率ズーム時でも手ブレを抑えた撮影が可能だ。


image-20130303033431.png


ボディ背面に
バリアングル式の3.0型液晶(約92万ドット)を採用したのも特徴だ。
写真やムービーの撮影時に、
カメラを頭上に掲げて遠くの被写体をとらえたり、
ローアングルで植物などを撮影することができる。
また、視野率100%で
約92万ドットのアイセンサー付電子ビューファインダーも搭載。
電子水準器を備えており、
撮影時に背面液晶モニターや電子ビューファインダーの画面上で、
水平を確認しながら撮影することが可能だ。
また、被写体のコントラストが高い箇所の輪郭を強調して表示する
フォーカスピーキング機能も備え、
被写体を4倍まで拡大しながら
マニュアルフォーカスでピントを調整することもできる。

動画撮影機能は、
60コマ/秒のフルハイビジョン(1920×1080ドット)動画や、
480コマ/秒のハイスピード動画撮影(解像度は320×112ドット)に対応。
別売りの外付けステレオマイクロホン「MIC-ST1」を使えば、
より高音質での撮影が可能だ。
また、オート撮影機能では、
108パターンの中からシーンに合わせた撮影条件を
カメラが自動で設定する「プレミアムEXR AUTO」機能を搭載。
高度なアート表現を手軽に楽しめる
アドバンストフィルター機能も備えており、
「トイカメラ」「ミニチュア」「ダイナミックトーン」
「ソフトフォーカス」など8種類のエフェクトをかけることができる。

このほか、背面モニターは約92万ドットの3.0型液晶を装備。
外部メモリーは、SD/SDHC/SDXCメモリーカード(UHS-I対応)をサポート。
バッテリー寿命は約500枚(AUTOモード時)。
本体サイズは134.9(幅)×101.3(高さ)×145.9(奥行)mm。
重量は約808g(バッテリー、メモリーカード゙含む)。
価格はオープン。

キタムラで¥44800
posted by hekky at 03:41| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月29日

ニコン、光学42倍ズーム&バリアングル液晶搭載の「COOLPIX P520」

うーん、後継機が出たけど
個人的には魅力は感じられない(´Д` )

気になるのは暗所でのAF速度かなー
これが直されてればなーと思うけど

510買ってしまったーっと泣くことはまだないかもw



ニコン、光学42倍ズーム&バリアングル液晶搭載の「COOLPIX P520」
2013年1月29日 13:00掲載



image-20130129193820.png



ニコンイメージングジャパンは、
デジタルカメラの新モデル「COOLPIX P520」を発表。
2月下旬より発売する。
35mm判換算で広角24mm〜望遠1000mmに
対応する光学42倍ズームレンズを搭載する高倍率ズームモデル。
最大2倍の電子ズームを活用することで
約2000mm相当のズームが可能で、
遠くのランドマークや動物のアップを手軽に撮影することができる。
さらに、レンズシフト式の手ブレ補正機能「VR」を搭載。
大きな手ぶれに対応する「ACTIVEモード」も備えている。

撮像素子には、
有効1800万画素の裏面照射型CMOSセンサー(1/2.3型)を採用。
画像処理エンジン「EXPEED C2」を搭載し、
感度はISO80〜1600、ISO3200およびHi 1(ISO6400相当)に対応する。
連写は約7コマ/秒(最大7コマ)が可能。

機能面では、1080/60iのフルハイビジョン動画撮影に対応。
GPS機能を備えているほか、
別売りオプションのワイヤレスモバイルアダプター「WU-1a」を装着することで、
Wi-Fi機能を利用することもできる。
8つの効果で肌をキレイに見せる「メイクアップ効果」などの撮影機能も装備する。

ボディサイズは125.2(幅)×84.1(高さ)×101.6(奥行)mm(突起部除く)で、
重量は約550g(バッテリー、SDメモリーカードを含む)。


image-20130129193934.png


92万ドット表示の3.2型バリアングル液晶モニターを搭載。
電子ビューファインダー(0.2型液晶、約20万ドット相当)も装備している。
バッテリー寿命は静止画撮影時で約200コマ(EN-EL5使用時)。
ボディカラーは、ブラックとレッドの2色が用意される。
市場想定価格は55,000円前後。
posted by hekky at 19:42| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月09日

パナソニック、連写12コマ/秒を実現した「FZ150」

パナソニック、連写12コマ/秒を実現した「FZ150」
2011年9月1日 16:50掲載


FZ-200が欲しかったんだけど
まだまだ高いしw(´Д` )
思わず衝動買いしてしまった(´・_・`)

P510あるのに・・・
F値小さい明るいコンパクトなやつを
買うべきだったかと悩み出すが

それぞれの長所をよく理解し使いこなそtう!
腕を磨いていつかは一デジに♪(´ε` )




image-20121009090259.png


パナソニックは、
デジタルカメラ「LUMIX」の新モデル「DMC-FZ150」を発表。
2011年9月22日より発売する。
光学24倍ズーム(35mm判換算で25〜600mm)レンズを
搭載した高倍率モデル。
撮像素子に1210万画素の高感度MOSセンサーを、
画像処理に新ヴィーナスエンジンを搭載することで、
高速読み出しを実現。
センサーの感度を示すS/N比の値が
従来機種「FZ100」から約1.5倍向上したほか、
明部と暗部のノイズ量を見分けて
最適なノイズリダクション効果を施す「マルチプロセスNR技術」をエンジン側で働かせることにより、高速処理でノイズを大幅に低減。
さらに解像感のある高画質を実現している。
また、アルゴリズムの最適化やソフト処理の高速化を図ることで、
AFスピードを従来機種「FZ100」より約50%のアップさせ、
レスポンスの高速化を実現。
高速読み出しが可能な高感度MOSセンサーを採用しており、
メカシャッターで最高12コマ/秒の高速連写、
5.5コマ/秒のAF追従連写、電子シャッターでは最高60コマ/秒の連写が可能。
さらに、220fpsで撮影できるハイスピード動画機能を搭載している。

動画撮影では、「AVCHD Progressive動画」を搭載し、
1920×1080ドットのフルハイビジョン画質で、
よりなめらかな動きの長時間の動画撮影を実現。
手ブレ補正では、「アクティブモード」を搭載しており、
手ブレ補正レンズの駆動範囲を拡大し、
光学式手ブレの補正範囲を広げることで、
広角端でのフルハイビジョン動画における歩き撮りのブレを抑えた撮影が可能となっている。
なお、動画フォーマットは、AVCHDのほかに「MP4動画」にも新たに対応している。

このほか、超解像技術を用いた「iAズーム」機能も搭載。
1210万画素のまま32倍まで解像感を劣化させずにズームできる。


image-20121009090434.png


背面モニターは、3.0型ワイド液晶(46万ドット)を塔載。
バッテリー駆動時間は、
静止画撮影可能枚数が約410枚、
連続撮影可能時間が約110分(AVCHD PSHモード)、
実撮影可能時間が約60分(AVCHD PSHモード)。


image-20121009090513.png

本体サイズは、124.3(幅)×81.7(高さ)×95.2(奥行)mmで、
重量約528g(バッテリー、メモリーカード含む)。
価格はオープン。
(購入時最安値¥28800)









Amazonで小物を物色してみる



互換バッテリー



レンズアダプター




ステップアップリング52-55mm




MCクローズアップレンズ





ミニ三脚

RW-DMW-RS1軽量シャッターリモコンPANASONICFZ30.20.50用

俺が最後の一個買ったので品切れ中(´Д` )



こっちのが微妙に安かった( ̄◇ ̄;)





posted by hekky at 09:08| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月02日

キヤノン、光学50倍ズーム対応「PowerShot SX50 HS」

キヤノン、光学50倍ズーム対応「PowerShot SX50 HS」
2012年9月19日 12:00掲載


image-20121002055944.png




キヤノンは、デジタルカメラ「PowerShot」シリーズの
高倍率ズームモデルの新機種「PowerShot SX50 HS」を発表。
9月27日より発売する。

コンパクトデジカメとして
世界最高倍率(2012年8月21日現在。キヤノン調べ)となる
光学50倍ズームレンズを搭載するモデル。
35mm判換算で広角24mm〜望遠1200mmという
幅広い焦点距離をカバーする。
プログレッシブファインズームを利用すれば、
フル画素で最大100倍(2400o相当)の超望遠撮影が可能だ。
手ブレ補正は、流し撮りやマクロ撮影などのシーンを
自動で判断して手ブレ補正を切り替える
「マルチシーンIS」にも対応している。
さらに、望遠撮影をアシストする機能として
「フレーミングアシスト(探索・固定)」を搭載。
「検索」は、
ボディ脇の「探索ボタン」を押すといったん倍率が下がり、
ボタンを離すとズーム状態に戻る機能で、
ズーム中に見失った被写体の捕捉をサポートする。
また、「固定ボタン」を押すと、手ブレを抑えた撮影が可能になる。

撮像素子には、
有効約1210万画素の高感度CMOS(裏面照射型)センサー(1/2.3型)を搭載。
映像エンジンには「DIGIC 5」を採用し、感度はISO80〜6400に対応する。
このほか、動画撮影は、1920×1080/24fpsのフルハイビジョン記録が可能。
最大約13枚/秒の高速連写が可能な「ハイスピード連写HQ」や、
マルチアスペクトRAW撮影機能、
水平方向の傾きを確認できる「水準器」なども備えている。
ボディサイズは122.5(幅)×87.3(高さ)×105.5(奥行)mmで
重量は約595g(バッテリーおよびメモリーカード含む)。
約46.1万ドット表示の2.8型液晶モニターのほか、
液晶ビューファインダー(約20.2万ドット)も備えている。
記録メディアはSD/SDHC/SDXCメモリーカードに対応。
バッテリーは、専用リチウムイオン充電池「NB-10L」で、
撮影可能枚数が約315枚(液晶モニター表示時)
もしくは約335枚(液晶ビューファインダー表示時)。
キヤノンのオンラインショップの価格は59,980円。



posted by hekky at 06:01| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

COOLPIX S800c いじってきた



Android搭載のデジカメ、S800c
今日発売なんだけど早速いじってきた♪(´ε` )

まんま、スマホw
しかし、4インチとかに慣れた今少し小さいかなーと
感じた、
それにやっぱり価格(´Д` )
キタムラでは¥43800
ヨドバシでは¥47800の10%ポイント付きということえ、変わらず。
うーん・・・(´・_・`)

実際触る前はかなり
ワクワクしてたんだけど
実機と値段見て 微妙と思ってしまった。
衝動買いまでは至らなかったようだw

これなら、SAMSUNGから出る
GALAXY CAMERAのがいいかも


image-20120927200344.png



3万切って出してきたらアリかも!?

いくらで出してくるかなー日本市場に。

Androidと合体!GALAXY Cameraはデジカメを変えるか!?


しかし、デジカメにAndroidつけなくたってスマホあるからいらねー
って人が大半だろうと思うけど

面白いのは面白いので
使い道としては
Willcomユーザーにオススメかな


image-20120927200435.png


Wi-Fiルーター機能の電話
PORTUS WX02S(自分も使ってます)と
Androidデジカメ。

au捨てる気になったら間違いなく買うと思う(笑)

でも、しばらくau捨てる気はないw♪(´ε` )

ので、microUSBカードリーダーも買ったし




それでスマホなりタブレットなりにデータすぐ移せばいいから
使い勝手は一緒かな?
一手間多いだけw

とにかく今後各社参入してくるかどうか見ものだなー



レビュー記事

http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/zooma/20121010_564991.html
posted by hekky at 20:04| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月23日

ニコン、Androidを搭載した高倍率タッチデジカメ「COOLPIX S800c」

ニコン、Androidを搭載した高倍率タッチデジカメ「COOLPIX S800c」
2012年8月22日 19:55掲載


image-20120923074649.png



これ、今すごく気になってます。
Google playに対応してるので
スマホに入れてるmicroSDをそのまま流用して
写真データや音楽データなどそのまま活用できるし、
まぁ、これで音楽聞いたりムービー見たりするか?
って話は別として(多分聞かないw

でも、ウォークマンZ1000シリーズみたいなもんと
思えば、それはそれでアリなのかも!
3万切ったら視野にいれて見よーっと。♪(´ε` )


image-20120923052409.png



ニコンイメージングジャパンは、
デジタルカメラ「COOLPIX」の新モデル「COOLPIX S800c」を発表。
9月下旬より発売する。



image-20120923074721.png



Android 2.3を搭載し、
スマートフォンのような操作感と
Wi-Fi対応によるワイヤレスで、
「撮る」「見る」「つながる」「楽しむ」を1台で実現するという
新コンセプトのデジタルカメラ。
ネットワークに接続することで、
本機で撮影した写真や動画のSNSへの直接アップロードや、
SNSの閲覧などを快適に行えるという。
また、スマートフォンやタブレット端末に
オフラインで撮影データを転送できる専用アプリの「Connect to S800c」や、
「Google+」「YouTube」「Googleマップ」「Gmail」などのGoogleアプリを標準搭載。
「Google Play」にも対応しており、好みのアプリを追加でインストールすることも可能だ。


image-20120923074749.png


カメラ機能としては、有効1602万画素の裏面照射型CMOSセンサーや、
画像処理エンジン「EXPEED C2」、
広角25mm相当から250mm相当(35mm判換算)の撮影画角をカバーする
光学10倍ズームのNIKKORレンズなどを搭載。
スマートフォンでは撮影が難しい望遠写真や、
約8コマ/秒の高画質連写撮影、
1920×1080/30pのフルHD動画撮影などが行える。

さらに、
撮影した場所の位置情報(緯度・経度)を
写真に記録できるGPS機能(A-GPS機能)も搭載。
撮影前に設定したイメージに合わせて撮影できる「スペシャルエフェクト」(5種類)や、
撮影した写真をカンタンに加工できる「フィルター効果」(6種類)も備えている。

このほか、本体のタッチパネルモニターには、


image-20120923052315.png


3.5型フルワイドVGA有機EL(約82万ドット)を採用。
静電式タッチパネルならではの
スピーディーな操作感で撮影やSNSも快適に楽しめる。

内蔵メモリーは画像保存領域が約1.7GB、
アプリケーション保存領域が約680MB。
外部メディアはSD/SDHCメモリーカードをサポートする。
無線通信はWi-Fi(IEEE 802.11b/g/n準拠)、
Bluetooth(ver.2.1 + EDR)をサポート。
バッテリーは専用リチウムイオン充電池「EN-EL12」で、
標準撮影枚数は約140コマとなる。
本体サイズは111.4(幅)×60.0(高さ)×27.2(奥行)mmで、
重量は約184g(バッテリー、SDメモリーカードを含む)。


image-20120923052424.png


ボディカラーはブラックとホワイトの2色。
市場想定価格は48,000円前後。
posted by hekky at 07:48| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

オリンパス、F1.8-2.5ズームレンズ搭載のフラグシップデジカメ「STYLUS XZ-2」

オリンパス、F1.8-2.5ズームレンズ搭載のフラグシップデジカメ「STYLUS XZ-2」
2012年9月18日 12:13掲載



image-20120918141142.png



オリンパスイメージングは、
F1.8-2.5の大口径レンズを装備した
コンパクトデジタルカメラ最上位機種「STYLUS XZ-2」を発表。
10月下旬より発売する。
なお、同社はコンパクトデジタルカメラ
ラインアップの統一ブランドとして
「STYLUS(スタイラス)」を新たに立ち上げており、
本製品を含む2012年秋より発売する新製品から、
全世界で展開すると発表している。

2011年2月に発売した「XZ-1」の後継モデル。
F1.8-2.5の大口径光学4倍i.ZUIKO DIGITALレンズを引き続き搭載しながら、
新たに開発した有効画素数1200万画素の1/1.7型裏面照射型CMOSセンサーと一眼用の画像処理エンジン「TruePicVI(トゥルーピック シックス)」との組み合わせにより、
同社コンパクトデジタルカメラの最高画質を実現している。

また、使い勝手が向上しているのもポイント。
世界で初めて(2012年9月17日現在)「ハイブリッドコントロールリング」を採用しており、
レンズ横にあるレバーの向きを変えることにより、
クリック感のあるデジタル操作とスムーズなアナログ操作を選択することができる。
さらに、タッチ操作やライブガイドなどの
基本操作や設定には「OLYMPUS PEN」や「OM-D」と共通のGUIを採用している。


image-20120918141343.png


機能面では、背面の液晶に触れるだけでピント位置の選択ができる「タッチAFシャッター」を搭載。
また、「OLYMPUS OM-D」にも搭載している11種類のアートフィルターや、
5種類のアートエフェクトを備えている。
手ブレ補正には「DUAL IS」を採用。
動画撮影は、最大1920×1080ドットのフルハイビジョン撮影に対応する。


image-20120918141431.png


このほか、「XZ-1」では背面モニターに3型の有機ELを採用していたが、
本機では角度が変えられる3型(92万ドット)の可動式液晶モニターを搭載。
ローアングルでもハイアングルでも被写体をはっきり確認することが可能だ。
加えて、快適で確実に操作できるよう、
トップカバーとモードダイヤルに金属素材を採用しているほか、
着脱式グリップも標準装備している。
本体サイズは、113(幅)×65.4(高さ)×48(奥行)mm(突起部含まず)、重量は約346g(付属充電池およびメモリーカード含む)。対応外部メディアはSDメモリーカード(SDXC対応)。電源はリチウムイオン充電池「LI-90B」で、撮影可能枚数は約310枚。ボディカラーはブラックのみ。
価格はオープン。

amazonで¥64800(2012年9月18日現在)

posted by hekky at 14:15| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月23日

ニコンP510とフジフィルムF100FD 比較


いままで使ってたコンデジのFINEPIX F100FD
これとP510をマクロ撮影して比較してみた

RSCN0674.jpg  DSCF2055.jpg


うちの店のライトが黄色なので まともに影響を受けたのは
F100FDのほう

しかしP510のは 本来の色でちゃんと撮れている


RSCN0675.jpg  DSCF2056.jpg


あと、やっぱり1cmまで寄れるのはやっぱりいいな〜

F100FDも綺麗なんだけど
ボケ具合と ディテールはやっぱり精細さが違う。

でも、散々P510つかって楽しんでるけど

改めて F100FDの良さも
今更ながらにわかってきたw

これからも っさっと
気軽に撮れるし 携帯性もバツグンなので
カバンのポケットにいつもおそばに^^v

FUJIFILM FINEPIX F100FD






NIKON COOLPIX P510




ほんとは

これも気になってるんだよね(笑)





posted by hekky at 00:38| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月19日

パナソニック、F1.4スタートの大口径レンズ搭載「LUMIX DMC-LX7」

パナソニック、F1.4スタートの大口径レンズ搭載「LUMIX DMC-LX7」
2012年7月25日 19:30掲載


image-20120819162509.png




パナソニックは、
ハイエンドコンパクトデジタルカメラ「LUMIX DMC-LX7」を発表。
8月23日より発売する。

2010年8月に発売された「DMC-LX5」の後継となるハイエンドモデル。
F値1.4スタート、
光学3.8倍ズーム(35mm判換算24〜90mm)を実現した
新開発のLEICA DC VARIO-SUMMILUX(バリオ・ズミルックス)レンズを新たに搭載し、
従来のコンパクトデジタルカメラでは表現できなかったボケ味を楽しめる。
また、1/4000秒で切れるシャッター機構を新たに搭載。
大口径レンズとあわせ、さらなる高速シャッターを実現している。

撮像素子には、新開発した有効1010万画素の1/1.7型 
新高感度MOSセンサーを採用。
ISO感度はISO80〜12800(拡張)まで設定可能となっており、
幅広い撮影領域に対応できる。
また、レンズのイメージサークルより大きいセンサーを採用することで、
4:3、3:2、16:9いずれの横縦比でも広角24mmでの撮影が可能な
「マルチアスペクト」機能に対応。1:1の切り出し撮影にも対応している。

さらに、センサーの性能向上と高性能レンズに加え、
画像処理性能が大きく向上したヴィーナスエンジンを採用することで、
高感度撮影時のノイズをさらに改善。
エッジ部や平坦部を見分けて最適なノイズリダクション効果を施す「3DNR技術」と、
明部と暗部のノイズ量を見分けて最適なノイズリダクション効果を
施す「マルチプロセスNR技術」をエンジン側で働かせることで、
さらに解像感のある高画質を実現している。

動画撮影機能は、
新たにAVCHD Progressiveをサポートし、1080/60p記録に対応。
動画撮影モードに「クリエイティブ動画モード」を新たに搭載しており、
絞りやシャッタースピードを設定してクリエイティブな撮影を楽しめる。

操作系では、マニュアル操作を直感的に行うため、
「押す」・「回す」の2操作に対応した「後ダイヤル」を採用し、
同社デジタル一眼カメラ「Gシリーズ」と同様の操作性を実現している。
また、レンズ鏡筒部に絞りリングを新たに搭載したほか、
背面にNDフィルターのON/OFFができる「ND/FOCUSレバー」を搭載しているのもポイントだ。

このほか、ホットシューとライブビューファインダー専用コネクターを本体上部に装備。
「Gシリーズ」用のライブビューファインダー「DMW-LVF2」を装着することも可能だ。

背面モニターは3.0型液晶(約92万ドット)を塔載。
記録メディアはSD/SDHC/SDXCメモリーカードをサポート。
バッテリー寿命は約330枚。
本体サイズは110.5(幅)×67.7(高さ)×45.6(奥行)mmで、
重量は約298g(バッテリー、メモリーカード含む)。
本体カラーはブラックとホワイトの2色を用意する。

価格はオープン。


この白いのいいなー♪(´ε` )
しかし、さすがハイエンドモデル…

いい値段するなぁ(´Д` )
五万円超える

とにかく、発売されたらFZ200と合わせていじりまくってこよーっと


image-20120819162456.png

posted by hekky at 16:28| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月25日

パナソニック、Wi-Fi機能を備えた光学10倍ズームモデル「DMC-SZ5」

パナソニック、Wi-Fi機能を備えた光学10倍ズームモデル「DMC-SZ5」
2012年7月25日 16:45掲載



image-20120725210821.png



パナソニックは、
デジタルカメラ「LUMIX」の新モデル「DMC-SZ5」を発表。
8月23日より発売する。
35mm判換算25〜250mmをカバーする光学10倍ズームの
ライカ DC VARIO-ELMAR(バリオ・エルマー)レンズを搭載した高倍率モデル。
6面4枚の非球面レンズを使用した構成と、
レンズを退避させる新構造を採用したことで、本体の薄型化を実現している。

機能面では、本体にWi-Fi機能を内蔵。
バージョンアップを実施予定の専用無料アプリ
「LUMIX LINK ver.2」(iPhoneアプリ/Androidアプリ)を使って
スマートフォンと接続することで、本製品をスマートフォンから操作できる。
スマートフォンからは、ズームやシャッターに加え、
タッチAFを使ってピントを合わせる位置も指定可能。
フラッシュの設定、マクロ撮影モードへの切り替え、
記録画素数の設定なども操作可能だ。
なお、スマートフォンとのWi-Fi接続は、
背面のWi-Fiボタンを長押しするだけの簡単操作となっている。

さらに、無線LANアクセスポイントとWi-Fi接続設定しておけば、
事前に設定したパソコンやAV機器、
同社の運営するクラウド共有サービス「LUMIX CLUB PicMate」の新機能
「LUMIX CLUB クラウド同期サービス」に自動で写真を転送できる
「おまかせ画像転送」機能も利用可能。
本体を充電するタイミングで写真の転送を自動開始するため、簡単にデータを保存できる。

このほか、対応する「ビエラ」にワイヤレス転送して
大画面で写真を楽しめる「リモートTVビュー機能」や、
今後発売予定のPictBridge(ワイヤレスLAN対応)プリンターで
ワイヤレスプリントを楽しめる「ワイヤレスプリント機能」を搭載。
ハイビジョン動画撮影機能(1280×720ドット)も備えている。

撮像素子は有効1410万画素の1/2.33型CCDセンサー。
液晶モニターは3.0型(23万ドット)。
バッテリー駆動時間は約250枚。
本体サイズは104.1(幅)×57.6(高さ)×20.8(奥行)mm(突起部を除く)で、
重量は約136g(突起部を除く)。
ボディカラーはブラックとホワイト。


image-20120725211035.png


価格はオープン。




Wi-Fi機能いいなー♪(´ε` )

posted by hekky at 21:15| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月06日

P510用 バッテリー&充電器

NIKONニコン  EN-EL5対応互換充電器

NIKONニコン  EN-EL5対応互換充電器.jpg  NIKONニコン  EN-EL5対応互換充電器1.jpg

シガーソケットからも取れるのがいいね〜^^v





≪ニコン≫ EN-EL5 互換バッテリ- COOLPIX P510対応

≪ニコン≫ EN-EL5 互換バッテリ- COOLPIX P510対応.jpg

予備のバッテリーはあったほうがいい
互換性のものだけど、安くていいね!



posted by hekky at 19:09| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月05日

NIKON COOLPIX P510

メーカー商品紹介ページ P510
http://www.nikon-image.com/products/camera/compact/coolpix/performance/p510/


P510-Together.jpg

■COOLPIX P510

2011年3月に発売された「COOLPIX P500」の後継モデル。
新たに、広角24mm相当から超望遠1000mm相当(いずれも35mm判換算)の
撮影画角をカバーする光学42倍ズームNIKKORレンズを搭載した。
機能面では、GPS機能を新たに搭載。
GPSで取得した撮影時の位置情報を記録して、
PC上のモニターに「ViewNX 2」を使って
撮影ポイントの地図表示をすることができる。
さらに、撮影していないときや電源OFFの状態でも
移動ルートをログ情報として記録できる「ログ機能」も備えており、
旅先での移動の軌跡などをファイルに残して表示することができる。
価格はオープン。
最安価格(税込):\35,790 (前週比:-960円↓) (2012年7月5日)
価格帯:\35,790〜\48,800 (50店舗)

P510-.jpg

ヨドバシは39900円

先日ジャパネットみてて
すっげー気になったんだ
で、朝一でヨドバシいき
実機に触れる。
悩む・・・

ほんとに 今必要か・・・?

でも・・・

うーん ほしい!!


で、買っちゃいました(笑)

実にヽ(゚д゚)ノ ええじゃないか

写真撮るのが今まで以上に
楽しくなった♪

P510-red.jpg

赤いのもよかったんだけど
無難なブラックにした

DSCN0038.jpg  DSCN0042.jpg

うちの犬たち。
42倍の望遠も実に楽しい
それはまた次回 風景でも撮ってこよう!

新しくデジカメ買おうかなという人
ぜひ これも視野に入れてみてください
いろいろ活躍しそうですよ!!( ̄▽ ̄)b グッ!




posted by hekky at 20:36| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月29日

シグマ、有効画素数4600万のデジカメ「DP2 Merrill」を7/12に発売

シグマ、有効画素数4600万のデジカメ「DP2 Merrill」を7/12に発売
2012年6月29日


image-20120629185524.png




シグマは、デジタルカメラ「DP2 Merrill」の発売日を決定
7月12日発売すると発表した。
「SIGMA DP2 Merrill」は、
センサーサイズ23.5×15.7mmのフルカラー
「Foveon X3ダイレクトイメージセンサー(ジェネレーションネーム“Merrill”)を搭載し、
有効画素数4600万画素(4800×3200×3層)、
記録画素数4400万画素(4704×3136×3層)を実現したデジタルカメラ。
画像処理には、Foveon X3ダイレクトイメージセンサー専用画像処理エンジン
「TRUE(Three-layer Responsive Ultimate Engine)II」を採用。
2基の「TRUE II」を搭載することで、高速なデータ処理を実現している。


image-20120629185639.png


背面モニターは3.0型液晶(約92万ドット)を塔載。
記録メディアはSD/SDHC/SDXCメモリーカードに対応する。
本体サイズは、「SIGMA DP2 Merrill」が121.5(幅)×66.7(高さ)×59.2(奥行)mmで、
重量は335g(電池、カード除く)。
価格はオープン。
¥89800くらい?


どんだけーきれいなのか
サンプルみてみたい。
バッテリー速攻切れそうな感じもしないでもないけど
発売されたらヨドバシでも行って触ってこよーっと
posted by hekky at 18:58| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

水中でもハイビジョン動画、タフなLUMIX「DMC-FT1」

l_hi_ft02.jpg

パナソニックから、
シリーズ初の防水デジカメ「DMC-FT1」が登場。
防水/防じん/耐衝撃性能を持ちながら、
AVCHD Liteによるハイビジョン撮影機能も備える。
 
パナソニックは1月28日、
デジタルカメラ“LUMIX”の新製品「DMC-FT1」を
3月上旬より販売開始すると発表した。
価格はオープンで、実売想定価格は4万7000円前後。

◆水中でもハイビジョン動画、タフなLUMIX「DMC-FT1」

◆メーカー商品HP

撮像素子は1/2.33型 有効1210万画素CCDで、
レンズは屈折光学系ながらも28〜128ミリ(35ミリ換算)の
光学4.6倍ズームレンズを搭載

背面液晶は広視野角型の
2.7型(23万画素)/オートパワーLCDで、
側面にはHDMIを備えており、
薄型テレビ「VIERA」や
デジタルレコーダー「DIGI」とのVEIRA Linkにも対応する。

 記録メディアはSD/SDHCメモリーカードで、
内蔵メモリは40Mバイト。
付属バッテリーでの撮影可能枚数は350枚。
ボディサイズは98.3(幅)×63.1(高さ)×23(奥行き)ミリ、
約163グラム(本体のみ)。

posted by hekky at 23:47| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

サイバーショット DSC−G3

⇒メーカー商品紹介ページ

DSC-G3.jpg


⇒価格.com によれば
¥45,980が最安値だとか(1月28日現在)


◆撮った写真をすぐmixiに送れるデジカメ「DSC-G3」
無線LANを内蔵して、撮った写真を
SNSや画像投稿サイトに送れるデジタルカメラ「DSC-G3 」が、
ソニーから発表された。



いいね〜これ
Wi−Fiでネットに繋がって
各種フォトサービスや ブログにMixiなどなどに
アップロードできるんだって

もちろん ブラウザもあるので ネットもできる^^

すげ〜(´ρ`)ヘー

あ、でも、記録メディア

記録メディア “メモリースティック デュオ”/“メモリースティック PRO デュオ”/“メモリースティック PRO-HG デュオ”


SDだめじゃん  _| ̄|○ ガクッ

前に ココでも

Eye−Fi 無線LAN対応SDカード 

というのを書いて
まだ知名度は低いけど 今後の主流かもとおもったけど


なんとまぁ、カメラ本体で それをもってきたとは

やるね SONY!(栄ちゃんの声推奨w)


1010万画素で

4GBの内蔵メモリということで
余裕があるね〜^^

カメラ内簡易レタッチ機能もいいかも^^


今年は デジカメに Wi−Fi&Webブラウザが
標準装備の年になるのか?!


バッテリーのもちも気になるところだね


◆【新製品レビュー】ソニー「サイバーショットDSC-G3」
〜Webブラウザや内蔵4GBメモリーを搭載
Reported by 小山 安博



◆【実写速報】ソニー「サイバーショットDSC-G3」
〜フルブラウザ搭載の無線LAN対応モデル








posted by hekky at 05:53| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

F100fd使い心地

さて どうしてイキナリ
FINEPIX F100fdの記事を書いたかというと

先日 義弟がデジカメを安く捜して欲しい
というので 探してましたら

自分が欲しくなっちゃって 注文し
今まで使ってた Optio A20 を
代わりに あげようということで
気になった F100のことをメモしたのでした

以前も 知り合いに FINEPIX A800 を紹介したことがあったが

そのとき 結構 FINEPIX気に入ってたんだ

30台限定とかで 価格.comよりも安かったのが
決め手になった^^;

これの気に入ってるととこは

ブログモードと赤外線通信かな〜^^

これを使って 携帯(W53CA)に転送し
編集して ブログにアップ

この流れが たまらない^^


この赤外線で デジカメと携帯の間で
画像データを 行ったり着たりもできる(笑)
それに意味があるかどうかは 別としてw

DSCF0024.JPG

↑これが 携帯で撮ったやつを デジカメに転送したもの

DSCF0031.JPG

でも、やはり携帯とデジカメ その差は歴然exclamation&question



いやぁほんとに
ブログモード 実に便利で楽しい

DSCF0001001.JPG

ファイルサイズ:117KB
画像サイズ:640x480



CA390099.jpg

そして こちらが 携帯 W53CA(500万画素)
ファイルサイズ:92.6KB
画像サイズ:640x480



このサイズでブログなどで使う分には どっちでも
いい

しかし やはり 携帯だと あちこちに ノイズがのるね^^;
でも、赤の発色は携帯のがいい感じ? ノイズでてるけどw


次に デジカメ側でトリミングをしたもの

DSCF0003.JPG

ファイルサイズ:113KB


こっちは 携帯に転送後 似たように編集したもの

CA390100.jpg

ファイルサイズ:68.7KB


やはり ぼやっとした感じがあって ノイズものってる

その分 ファイルサイズが小さくなってるけど

全然許容範囲だろう

これが 新しい W63CAあたりだと
どんなことになってるのか
すごく興味がある^^



うちの犬を撮って楽しむのが目的なので
手軽な携帯が大活躍していて 高画素な デジカメは
たまにしか使ってなかった

その原因のひとつに うちのマルチーズ
室内で撮るのが 結構難しかった
A20だと 結構白飛びしてたんですよね〜

それでも、色々 調整して使ってましたが

めんどくさくなって 携帯のが良く使ってたんですよね

でも、このF100なら 白飛びも軽減できるし
赤外線通信も楽しいし

これからどんどん 活躍の場が増えそうです^^

デジカメで撮っては 気に入ったショットは
さらに携帯にも転送して楽しめるし♪


いろいろ チェックして
オートじゃなく マニュアルで撮れる様に
研究してみようっとヽ(´ー`)ノ


DSCF0068.JPG

◆【レビュー】富士フイルム FinePix F100fd 実写インプレッション

◆レビュー:
ノイズ知らずの多機能コンパクト――富士フイルム「FinePix F100fd」


◆【新製品レビュー】富士フイルム「FinePix F100fd」
〜あらゆるトレンドをそつなく押さえた高機能モデル


◆富士「FinePix F100fd」、従来比4倍のダイナミックレンジの実力を評価!



posted by hekky at 05:12| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする