2011年10月04日

東芝、タイムシフトマシン搭載BDレコーダー「レグザサーバー」DBR-M190、DBR-M180

ついに東芝もタイムシフトつけてきたかーグッド(上向き矢印)


東芝は、ブルーレイレコーダー「REGZAブルーレイ」の新モデルとして、
「レグザサーバー DBR-M190」と「レグザサーバー DBR-M180」の2機種を発表。
12月中旬より発売する。

いずれも、「REGZAブルーレイ」として初めて「タイムシフトマシン」を搭載しているのが特徴。
「タイムシフトマシン」専用の地デジチューナーを6基搭載しており、
ユーザーの設定により、最大6ch分の過去の番組を「タイムシフトマシン」専用のHDDに録画し、
一時保管することができる。
リモコンの「タイムシフト」ボタンを押すことで録画した番組を
過去番組表として表示することができ、
見忘れてしまった番組でも簡単に検索し、見たい時に自由に楽しむことができる。

なお、

レグザサーバー DBR-M190.jpg

「DBR-M190」は、
「タイムシフトマシン」用に4TB
通常録画用に1TBのHDDを搭載しており、
15日分過去にさかのぼって録画し、一時保管することが可能。


レグザサーバー DBR-M180.jpg

「DBR-M180」は、
「タイムシフトマシン」用に2TB
通常録画用に500GBのHDDを搭載しており、
8日分過去にさかのぼって録画し、一時保管することが可能だ。

さらに、新モデル2機種では、
液晶テレビ「REGZA」に採用している高画質映像処理システム「レグザエンジンCEVO」を
「REGZAブルーレイ」として初めて搭載し、
超解像技術採用「レゾリューションプラス6」による映像の高画質再生を実現。
また、「YouTube」をはじめ
ブロードバンドを通じて映像配信される「テレビ版Yahoo! JAPAN」、「T’s TV」、
「アクトビラ ビデオ・フル」、「ひかりTV」にも対応している。

通常の録画機能については、
地上・BS・110度CSデジタルチューナー×2を搭載し、
同時に2つの番組を録画することができる「W録」に対応。
MPEG4AVCトランスコーダーを搭載しており、長時間の同時録画にも対応する。
「タイムシフトマシン」と「W録」の併用では、最大8ch分の同時長時間録画が可能だ。

また、外付けUSB HDDへの録画にも対応。
外付けUSB HDDの接続については、1台当たり最大2TBまでで、
最大8台まで登録できるほか、「REGZAブルーレイ」として初めて4台同時接続も可能となっている。
なお、バスパワーにも対応しており、ACアダプターなしでも2.5インチHDDを使用可能だ。

このほか、家庭内ネットワークに接続された「REGZA」や「REGZA Tablet」、
スマートフォンと放送中の番組や録画した番組を共有することができる「レグザリンク・シェア」を搭載したのもポイント。
放送中のテレビ番組を「REGZA Tablet」に配信する機能や、
録画した番組を「REGZA Tablet」、スマートフォンなどに配信する機能、
録画した番組を「REGZA Tablet」などにダビングして持ち出す機能などを利用できる。

市場想定価格は、「DBR-M190」が20万円前後、「DBR-M180」が15万円前後。
posted by hekky at 02:01| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルーレイ レコーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

東芝のブルーレイ

tos1_02.jpg


ご無沙汰してます^^

しばらく 更新していない間に

ついに 東芝からブルーレイがでましたね!

1月の記事にあって

気づけば 発売されてました(苦笑)


◆初心者には必要十分な機能…東芝BDレコーダー「VARDIA D-B1005K」を速攻レビュー!


◆東芝、Blu-rayレコーダ「VARDIA」3モデルを2月発売
−エントリー機からBD本格展開。TVセット販売を加速



◆東芝BD参入の狙いは? レコーダー界のカリスマ・片岡氏とREGZA開発者の本村氏に増田和夫が直撃!


---------抜粋---------

 「ブルーレイVARDIA」は、
地上/BS/110度CSデジタルチューナを2系統、
地上アナログチューナを1系統装備。
無劣化のDRモードでの録画/再生に対応するほか、
MPEG-4 AVC/H.264に変換し、
最高5.5倍長時間録画も可能となっている。
AVCの録画モードはAF(2倍)/AN(3倍)/AE(4倍/5.5倍を選択)の
3モード/4種類が用意される。

 HDD容量はD-B1005KとD-BW1005Kが1TB、
D-B305Kが320GB。
HDDやBD-R/REへの録画のほか、
DVD-R/RWへのハイビジョンMPEG-4 AVC記録「AVCREC」や
DVD-R/RWへのVR記録にも対応する。
なお、従来のVARDIAやRDシリーズ、
カンタロウシリーズで記録したVideoフォーマットや
VRフォーマットのディスクは、
記録した機種でファイナライズ後、再生のみ可能としている。


前面にUSB端子やSDカードスロットも装備する
REGZAのリモコンからレグザリンクで録画予約可能


tos1_03.jpg

 BDプレーヤーとしてはBD-LIVEに対応。
また、AVCHDディスクの再生のほか、
AVCHDビデオカメラをUSB接続して、
HDDに取り込むことも可能となっている。

D-BW1005Kでは、VHSテープの再生に対応するほか、
VHSのBD/DVDへのダビングに対応する。

 今回発表のブルーレイVARDIAは、
Blu-rayレコーダのエントリーモデルと位置付けられており、
従来のDVDレコーダ「VARDIA(RDシリーズ)」とは
異なるプラットフォームで設計されている。
REGZAからのHDMIリンクによる録画予約などの
シンプルな操作を訴求しており、
「大容量HDD搭載」、「BD録画/再生」、「レグザリンク対応」の
3つの要望に応えたとする。

 そのため、従来のVARDIAシリーズと同等の編集機能や
ネットワーク機能等は搭載していない。
また、HD Recで録画したDVDディスクとの互換性も無い
編集についてはチャプターマークの追加・消去や、イン点、アウト点を指定したカット編集が可能だが、フレーム単位の編集やプレイリストの作成はできない
また、スカパー! 連携/CATV連携機能も備えておらず、
RD-X9などで搭載していたUSB HDD録画にも対応しない

 従来のVARDIAシリーズが、“RD”から始まる型番だったが、
今回は“D”型番となっているのも
そうした過去のVARDIAとの違いを明らかにするためという。
なお、開発/生産については、
「レグザリンクなどの東芝の技術は入っています。
個別にどの商品が自社開発/生産かというのは
他の製品でも触れていませんので、控えさせていただきます」(東芝DM社 TV&ネットワーク事業部 下田乾二事業部長)とした。


プラットフォームが違うため、
EPGは従来のVARDIAとは大きく異なるものとなっている


 映像DACは12bit/148MHz、音声DACは24bit/192KHz。
SDカードスロットを装備し、
カードに記録したAVCHDやJPEGの再生が可能。
AVCHD取り込み専用のUSB端子やEthernetを装備する。


 出力端子はHDMI×1(24p、DeepColor対応)、
D4×1、S映像×1、コンポジット×1、
光デジタル×1、アナログ音声×1を装備。
入力端子はS映像(BW1005Kのみ)×1とコンポジット×1、
アナログ音声×1を備えている。
HDMI連携機能のレグザリンクにも対応し、
レグザとの併用時に録画予約から番組再生までの基本操作が行なえる。

 消費電力は30W(D-B1005K)/28W(D-B305K)/47W(D-BW1005K)で、
待機時はD-B1005K/B305Kが6.6W、D-BW1005Kが5.8W。
外形寸法はD-B1005K/B305Kが430×318×61mm(幅×奥行き×高さ)、
VHS一体型のD-BW1005Kが435×399×100mm。
重量は4.5kg(B1005K)/4.3kg(B305K)/7.2kg(BW1005K)。
リモコンが付属する。

----------------------抜粋おわり--------

いろんな記事を読んでみると

まずは 初心者層を取り込め
TVとセットで買う人向けのVARDIAだよ
ということで

従来のRDだと思うと がっかりするが

RD型番の マニア向けのは
もうちょっと 待っててネ( ̄ー ̄)ニヤリ

というわけだね(笑)

インタビュー記事で

『編集やダビングなどに
こだわりをお持ちのお客様は、
テレビとの組み合わせ、
メーカーの違いというのはあまり気にされない』



まさしく!



RDなブルーレイでは
DVD−RAMにも 
HD−Recにも対応してほしいところだねぇ


なおかつ iLINKもつけてほしい

これで RDやCATVユーザーのSTBからの
録画も可能で 有利な部分だと思う

そうでなければ パナのディーガに負けちゃうぞ?^^;


いろんな意味で
今 ブルーレイレコーダを買うなら

おすすめは

パナソニックのBW880が最強だ





3Dなディーガもあるけど
3DTVに どれだけの注目が集まるか・・・

3Dは やっぱ疲れる

というとこが どこまで賛否が分かれるか

そして 満を持して投入される

CELL VARDIA RD−X10
ヽ(´ー`)ノ

それでこそ RDなブルーレイ(笑)


XS30(良好)⇒X4(再生専用^^;)⇒XD92(再生専用^^;)⇒S302(すでに放置w)と
歩んだ RD人生

〆は ブルーレイなRD−X10で飾りたいところだ^^




posted by hekky at 02:44| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルーレイ レコーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月12日

パナソニック、AVC8倍録画対応の新“ブルーレイDIGA” − 最上位「DMR-BW970」は2TBで画音質追求

BDレコーダー“DIGA”新モデル6機種を9月1日に発売する。

最上位モデルのDMR-BW970

各機種の概要とHDD容量、発売日、価格は以下の通り。

<ダブルチューナーモデル>
・「DMR-BW970」(2TB)¥OPEN(予想実売価格28万円前後)
・「DMR-BW870」(1TB)¥OPEN(予想実売価格18万円前後)
・「DMR-BW770」(500GB)¥OPEN(予想実売価格15万円前後)
・「DMR-BW570」(320GB)¥OPEN(予想実売価格12万円前後)

<シングルチューナーモデル>
・「DMR-BR570」(320GB)¥OPEN(予想実売価格10万円前後)

<VHS一体型モデル>
・「DMR-BR670V」(320GB)¥OPEN(予想実売価格13万円前後

DIGA-BW970_big.jpg

■新DIGA全体の特徴

新モデル6機種は、
2009年春に発売したDMR-BW950など「X50シリーズ」に比べ、
全モデルがHDD容量を高めた。
さらに、これまでは最大録画タイトル数が500、
最大予約タイトル数が64までに制限されていたが、
新機種ではHDD容量増加にあわせ、
最大録画タイトル数はBWシリーズが3,000
BRシリーズは1,000に拡張。
さらに予約タイトル数も128に倍増させた。

また最大の特徴として、
新たなMPEG-4 AVC/H.264のエンコードアルゴリズムを採用。
「新アドバンスドAVCエンコーダー」の搭載により、
動きが速いシーンのノイズを低減したほか、
遅いシーンの精細感向上も実現し、
AVC録画の全モードで画質を高めた。
また、新VBR(可変ビットレート)方式を採用し、
動きの少ないシーンでは画質を保ちながらさらにビット量を節約し、
その分を動きの激しいシーンに振り分けるなどの改善を行い、
よりダイナミックにビットレートを可変させるアルゴリズムを実現した。

これらの工夫により、BSデジタルの約24Mbpsの番組を、
フルHDのまま約8倍長時間録画できる
平均ビットレート約3.0Mbpsの「HMモード」が実現した。
新機種の開発を行った技術者は
「画質を落とさずに長時間録画を実現した」と胸を張る。
なお、50GBの2層BDに同モードで記録した場合、
フルHDで約35時間の録画が可能。
さらにAVCRECを使えば、4.7GBの片面1層DVDディスクへも、
フルHDで約3時間15分の録画が行える。

AVC録画のモード名と平均ビットレートは、
約12.9MbpsのHGモード、約8.6MbpsのHXモード、約5.7MbpsのHEモード、
約4.3MbpsのHLモード、約3.0MbpsのHMモードとなる。

本体の奥行きは、
BR670V以外の5機種で239mmという省スペース設計を実現。
これはDMR-BW950/850/770などと同様となる。

DMR-BW970以外の機種では、
映像の色信号の帯域を高める「リアルクロマプロセッサ」も引き続き搭載。
4:2:0で記録された映像を4:2:2に色垂直アップサンプリング処理する際、
高精度マルチタップ処理を行うことで垂直方向の色の切れを向上。
また、4:2:2→4:4:4の色水平アップサンプル処理についても、
左右1画素ずつの情報のみを参照するのではなく、
マルチタップ処理化することで水平解像度を高めている。
これらのクロマプロセッシングはパッケージソフトの再生時だけでなく、
録画した番組の再生時にも適用される。

なおプレミアムモデルという位置づけのBW970は、
上記のリアルクロマプロセッサをさらに進化させた
新プロセッサを搭載したほか、
数々の高画質化/高音質化技術を採用している

映像出力については、
DMR-BW970/870/770の3モデルが
HDMI端子からの1080/60p・1080/24p出力に対応。
それ以外の機種は1080i/720p/480p出力が可能となっている。
さらに全機種がDeepColorとx.v.Colorに対応している。

音声面では、
全機種がHDオーディオのビットストリーム出力とデコード出力にフル対応
また、デジタル音声圧縮処理によって欠落した高域成分を復元する
「マルチチャンネル デジタル リ.マスター」も引き続き搭載している。
なお、DMR-BW970/870の2機種は光デジタル出力端子に加え、
同軸デジタル出力端子も備えている。

BDドライブはBD-R 6倍速書き込みに対応。
HMモードの場合、1時間のハイビジョン番組を、
BD-Rへ約1分で高速ダビングすることが可能。

またBW970/870/770の3機種は、
HDDを内蔵した薄型テレビ“VIERA”R1シリーズに録画した番組を、
LAN経由でダビングすることができる。

さらに3機種はi.Link入出力も搭載し、
CATVチューナーと接続し、
CATVチューナーから直接録画予約ができるほか、
HDD搭載CATVチューナーであれば、
HDD内の映像をそのままDIGAにムーブすることが可能。
もちろん、
i.Link端子からD-VHSの映像をダビングしたり、
DVムービーから取り込んだりという使い方も可能。
なおBW970/870の2機種はi.Link端子を前面・背面にそれぞれ搭載(1系統2端子)している。

---------------------------引用終わり⇒もっと詳しくはコチラ






パナも きてたんだね〜
2TBで28万前後?

( ゚Д゚)ウマー

いやぁ、熱いですね〜!!

コレに 東芝もBD参入して

RD−X10BDとかいって20万くらいで出してきたら

すっごいことに なるのになぁ(苦笑)



いよいよ レコーダのHDDも 2TB時代に入ってきたか

2010年は 何テラ?になってるやら(;´Д`A ```

posted by hekky at 20:25| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ブルーレイ レコーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする